情けは人の為ならず

引き寄せの法則の続きです。

情けは人の為ならず。

このことわざを見聞きする度に、これは引き寄せの法則のことなのだと思ってしまいます。

このことわざの意味は、

人には親切にしておくこと。そうすれば巡り巡ってそれが我が身に返ってくるのだから。

人に優しくするのは、その人の為ではなくて自分の為なのだ。

もちろん優しくされた人も温かい気持ちになって嬉しいだろう。

困っている人のみならず、人には親切にしておくと、結局はそれが自分に返ってくる。

それが世の中の仕組みなのだ。

このような意味ですから、これはまさに引き寄せの法則です。

バシャールがいつも話している「発するものが戻ってくる」、まさにこれなのです。

日本は古の昔から、引き寄せの法則のことを、

みんな知っていたのかもしれませんね。

諺や童話などは、私たちの目に触れやすいものです。

そこには古来から伝わってきた知恵が詰まっているのです。

目線をちょっとずらして読むと、発見があるかもしれませんね。

他にも、まだまだたくさんの知恵が溢れている書があるのでしょうが

古語で記されているとハードルは高いです。

日本語でも「魂」と言う言葉があるのですから、

スピリチュアル的な考え方は、世間に広まっていたでしょうね。

空海以降でしょうか・・・

日本には、スピリチュアル的な考え方がしっかりと土壌に根付いていたと思われます。

前世、来世、輪廻転生、この世、あの世などの言葉もありますよね。

死と言うものを身近に感じて、死後の世界に思いを馳せ、

先祖をまつり、自然を敬い、季節の移り変わりの中で、

今の私たちよりももっと敏感に魂を感じ、畏敬の念を持っていたと思われます。

情けは人の為ならず・・・

これは非常にスピリチュアル的諺です。

「バタフライエフェクト」は、「風が吹けば桶屋が儲かる」でした。

古の日本って先を行っていたのですね。


さて、今日は夕方から出かけるので、予約投稿です。

上手く投稿できているといいなあ・・・


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/22420652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ハリー at 2014-09-27 16:40 x
今日は早朝から横浜・本牧・横須賀・材木座・長谷・逗子・葉山・鎌倉・鎌倉山と海沿いにドライブしてきました。少しずつ紅葉しているようです。観音崎は風強く波も荒い気がしました。
『引き寄せの法則』実践していますが、私には難しいです。 今、『こうして、思考は現実になる』(パム・グラウト著)を読んでいますが、 その冒頭に“あなたには、まだ小さな問題がある。知っているだけで、実は信じていないということだ。”とあり… わぁ見透かされている…と(笑) なかなか一心に信じるって難しいなと。あと『言霊』の力や重要性も感じていて 『いろは歌』や『ひふみ祝詞』を唱えるようにもしています。
Commented by gutsuri at 2014-09-27 20:45
ハリーさん、こんばんは。

すごい距離のドライブでしたね。
近くって案外知らないところもあったりします。私もこれから近くに出かけるようにしたいなあと最近思っています。

引き寄せの法則、面白いですよね。
私はゲームと思ってトライしていますよ。
母が引き寄せた介護関連の方々、母は皆さんと仲良くやっていますからね。見ていて嬉しくなります。
引き寄せ・・・やっぱり何かあると思ってしまいます。
難しいこと抜きにして、自分で解釈したシンプルな引き寄せの法則を楽しんでいます。
by gutsuri | 2014-09-26 18:00 | スピリチュアル | Trackback | Comments(2)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri