百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

夕日が戻って来ました

11月から2月まで、我が家からきれいな夕日が見えます。

今日はまだ秋のお彼岸ですが、久しぶりに夕日が見られましたよ。

秋になると空気が澄み渡って来ますから、夕日が一段と鮮やかに思われます。
e0288951_1881644.jpg

海面に映る夕映えは見られませんでしたが

夕焼けはもうすっかり秋です。
e0288951_18133674.jpg

南西に海が見える我が家は、

夕日の沈む位置が動いていくのが手に取るようにわかるのです。

これからだんだんと夕日の沈む位置が、伊豆半島の先端寄りになって行きます。

そうすると、駿河湾の海に夕日の輝きが映るのです。

12月22日の冬至の日に、最も南寄りにお日さまは沈み、

その日を境に、Uターンをして、北向きに進路を変えるのです。

そしてまた伊豆半島を北に動いて行きます。

夕日が沈むのを眺めていると、

その間だけは、ほんの少し別の世界に浸ることが出来るのですよ。

地球って動いているのだなあ。

太陽と地球の位置関係は刻々とかわっているのだなあ。

でも、一年経つとまたもとの位置に戻ってくるのは不思議だなあ。

一週間でもかなり沈む位置が違ってきます。

一ヶ月ともなれば随分と動いているのです。

間違うことなく、そして寸分の違いもなく、太陽と地球の関係は成り立っています。

太陽系の他の惑星、金星、水星、火星、木星、海王星などとの関係も

バランスを取りながら、太陽はきちんと管理しているのでしょうね。

天の川銀河の中での太陽系の位置も、

宇宙の中での天の川銀河の位置も、

全てにおいて、何かの叡智によって、寸分たがわず動いているという・・・

それは一体何なのだろう・・・

こんなことを思い浮べるのも、秋のせいかもしれませんね。

今日のお日さまはきれいでしたよ~
e0288951_18474040.jpg



虫と一緒にバラ育て 今日の庭
ズブニールドゥラマルメゾン
e0288951_1859474.jpg


e0288951_18592065.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-09-21 19:14 | 夕日 | Comments(0)