百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ジョロウグモ

庭にジョロウグモが巣を張っています。

あちらこちらにありますから、気をつけなくてはなりません。
e0288951_17231514.jpg

初めは、ジョロウグモかコガネグモか区別がつかなかったのですが

調べてみるとどうもジョロウグモのようです。

小さいうちはよくわからなかったのですが、

身体が大きくなると、特徴がはっきりと出て来てジョロウグモだとわかりましたよ。

ジョロウグモのジョロウは、女郎から由来した言葉だと思われていますが

上臈(高級女官のような身分の高い人)のジョウロウから来た言葉がなまって

ジョロウになり、それが由来だとする説もあります。

いずれにしても、黒、白、黄色、おなかに赤のきれいな姿です。

目に見えて大きくなってきますよ。

ある日突然、庭に大きな立派な巣が張られていて

一日でこのような作業が出来てしまうことに驚きます。

その巣が通り道にできていると困ってしまいますけどね~

私が作った小道があるのですが、

そこにジョロウグモの大きな巣が張られているので

今は通り抜けできない状態です・・・
e0288951_17531530.jpg

大きいクモと小さなクモが近くにいるので、親子かなあと思っていたら

オスとメスなのだそうです。

もちろん大きくて立派なのがメスですよ。

虫の世界では、そうですよね。

どういうわけか知りませんが・・・
e0288951_1853932.jpg

庭にクモの巣がたくさん張っていて、それを何とも思わない私の変化にも驚いています。

クモの巣は天然の防虫網なのだと思っています。今はですが・・・

無農薬でバラ育てをしている私にとっては、

クモの巣は、虫を取ってくれるありがたい存在なのです。

今、庭で目立つのは、ジョロウグモとカマキリとオンブバッタです。

9月の庭というのは、このようなものなのでしょうか・・・

春に活躍したハナグモ、ササグモ、ワカバグモ、オニグモなどは

一体どこにいるのでしょうか・・・

花からも季節を感じますが、昆虫たちからも季節を感じるこの頃です。

虫と一緒にバラ育てですものね・・・

今日の庭
ソニアリキエル
e0288951_18203485.jpg


e0288951_1821752.jpg

バジルの花
e0288951_18212578.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







心と身体
by gutsuri | 2014-09-20 18:58 | 庭の虫たち | Comments(0)