百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プルモナリアは虫食いだらけ

プルモナリアは虫食いの穴が目立つようになりました。
e0288951_15472324.jpg

今はまだこれくらいですけど・・・
e0288951_15503645.jpg

そのうちに穴だらけになるのですよ。

オンブバッタが食べているように思います。

他にも草食昆虫はいますが

目につくのは今のところオンブバッタです。

昨年は、バッタがたくさんいて、手を焼きましたから

今年は早めに手を打とうと準備万端で待っていたのですよ。

でも、あら~、思いがけず、目にするバッタは少しです。

拍子抜けして、バッタ対策なるものはしていません。

ときどき、庭にしゃがみこんでいると

私の知らない、見たこともないような虫たちが、

いそいそと歩き回っているのに気が付きます。

こんな虫がいたんだなあ~と思いながら眺めていますよ。

可愛い顔をしているから、多分、草食昆虫なのでしょう・・・

何を食べているのかしら・・・

などと思いつつ、虫を眺めている時間が多くて

最近は庭仕事が捗りませんね~


バラの花にいたたくさんのハナグモたちは、今、どこにいるのかしら・・・

今は庭に花が少ないので、どうしているのだろうと心配していると

フェンネルの小さな花にハナグモがいましたよ。

ハナグモは、花を食べるのではなくて

花にやって来る草食昆虫を待っているのですから

花の選り好みはしないのかもしれませんね。


今日は涼しくてガーデニング日和です。

でも、何となく、庭仕事気分ではないのですよ・・・

昨日、白い芙蓉のことを書きましたが、あれは「酔芙蓉」と言うのだそうです。

濃いピンクは蕾ではなくて、白い花が咲き終わると濃いピンク色に変化していく・・・

白い大輪の花と、蕾のように見える濃いピンクの咲き終わった花、

これが大きな一株に同居しているので見事で、そのコントラストが美しいと思いました。

よく知られた花のようですね。


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
アルバセミプレナの実が少し色づいてきました。
e0288951_16505695.jpg


e0288951_16531665.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-08-26 18:12 | ナチュラルガーデン | Comments(0)