百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

テントウムシも夏季休眠中

このホワイトセージは3~4年経っています。
e0288951_14341862.jpg

元気よく育っていてシルバーグリーンがきれいです。

ところが目を近づけてよく見るとこの有様です。
e0288951_14361983.jpg

穂先にアブラムシがたくさんいます。

随分前から気が付いていたのですが

その時にはまだ、アブラムシは少しでしたから、

まあ、これくらいなら・・・と見過ごしていたのですよ。

でも昨日見て、増えていることに気が付き、

穂先を酢水で洗い流しました。

ホワイトセージは、少し肉厚で、毛並があるので(ビロードのような)

洗い流しても、アブラムシは気持ちよく流れて行きませんけどね~

とにかく、手が付けられなくなる程アブラムシが増えたら困りますから

酢水で吹き飛ばしながら洗い流しましたよ。

出来ることなら、枝は切りたくないですからね・・・

アブラムシを見つけたときから、ず~っとテントウムシ君を待っていたのです。

アブラムシがいるのだから、テントウムシが来てくれるに決まっている!

早くテントウムシが来ないかしら・・・

などと、首を長くして待っていたのですけど・・・

テントウムシは、夏休みをお取りになるそうです。

暑いときには、寝て、暑さをやり過ごすのだそうです。

寒いときにも、お休みされますよね。

庭のテントウムシたちは、一月の寒いときでも顔を見せてくれますよ。

我が家のテントウムシたちは

寒さに強く暑さに弱いタイプタイプなのかもしれません。

テントウムシたちが夏休みを取っていると聞いて

仕方がないので、酢水でアブラムシを洗い流したというわけです。

私はよく、ホワイトセージはアブラムシに好かれると書きますが

この一番大きなホワイトセージだけにアブラムシが付くのです。

その他にも数本小振りのがあるのですが、それらにはまったくアブラムシはいません。

このホワイトセージにはアブラムシはいません。
e0288951_1505284.jpg

こちらにもアブラムシはいないのですよ。どうしてなのか、わかりませんけど・・・
e0288951_1512476.jpg

挿し木で増えたホワイトセージを知人に上げたのですが、その人は

アブラムシが付くから綿棒で取っているわよ・・・と言ってましたけどね。

庭のテントウムシは、冬はこのカレックスの中にいることがあります。
e0288951_159369.jpg

中を覗いたのですが、テントウムシはいませんでした。

テントウムシたちは、避暑地にでもお出かけされたのでしょうか・・・


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
フリュイテ
e0288951_1511169.jpg

ジュビリーセレブレーション
e0288951_15112247.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-08-24 18:36 | 庭の虫たち | Comments(0)