百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

百歳を過ぎてはいても感じる力はしっかりと・・・

今年の12月で、母が歩けなくなって2年になります。

12月が来れば、ベッド上の生活が3年目に入るのですよ。

速いものです。

始めのうちはベッドでほとんど動くことができず

ベッドで寝返りも打てない母を、家で介護することを考えると

本当に、途方に暮れたものです。

でも今は、介護保険がありますから、

その助けを得て、おかげさまで日々は回っています。

リハビリやマッサージ、そしてヘルパーさんや訪問入浴などのおかげで、

母の体力は回復してきて、少しづつですが、身体が動くようになってきました。

今では寝返りも打てますし、脚を上げたり、身体を自分で起こしたりと

時にはこちらが驚くほどに、身体が動くこともあるのです。

一時期、脚の浮腫みに悩まされましたが

今は浮腫みはまったくありません。

ポンプとしての心臓の働きが上手くいっているのでしょう。

元々心臓はあまり丈夫ではなかったのですが

今は以前よりも心臓はしっかりと動いているのだと思います。

介護の方に言われましたが、

母がご機嫌なのは、今、身体の調子が良いということであり、

エアマットは確かに優れモノではあるけれど

それはすべてをカバーできるものではないのだそうです。

母は今、プラスのスパイラルに居るということらしいですね。

リハビリで立つ練習も少ししているようです。

立つというより、リハビリの先生に支えられて、ベッドからポータブルトイレに移る。

ベッドはエアマットなのでフアフアしているので、腰かけていても不安定なのですが

ポータブルトイレはしっかりとしているので、安定して腰かけていられるのだそうです。

安定していると、母も途端にしっかりとしてくるのだそうです。

言葉や態度に変化がみられると、リハビリの先生はおっしゃいますよ。

母の言葉や態度に変化が現れて、

以前の歩いていた時のようにしっかりとした様子になるのだそうです。

そのちょっとした母の変化を見逃さない先生も凄いと思いますが

ベッドのフワフワ感とポータブルトイレの安定感、

その変化を感じ取って、態度が変わる母も大したものだと思います。

感じる力はまだ残っているのですね。

元気だとか体調が良いとか言っても、百歳は過ぎているのですから

それなりに身体も草臥れて老いているのだと思うのですけどね。

それにしても、生きる力って、体力だけではなくて

そこにプラスアルファの何かがありますよね・・・

時々何かが見えたり見えなかったり・・・

そのプラスアルファを医学は探しているのでしょうけど・・・


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
ジュビリーセッレブレーション
e0288951_18252180.jpg

アンブリッジ
e0288951_18245559.jpg

ウイミー
e0288951_18251557.jpg


e0288951_18253679.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





お母様は本当に前向きでがんばり屋で素敵です。なかなか そういったモチベーションではいられません。ベット生活3年目 すごいです! うちの母は94才で要支援1で 何でもできますが 心の持ちようというか 姿勢というか なんか後ろむきの恨み節なので 私は疲れます。なぜ あれほど過去に縛られ執着するのか… 余生は穏やかにいてほしいのに
Commented by gutsuri at 2014-08-23 20:13
ハリーさん、こんばんは。

母は持って生まれた性格は前向きですね。
それは素晴らしいと思います。
でも自我が強くて、マイペースの人でしたよ。
一皮むけたのは、ブログを始めてからですからね、ここ2~3年のことでしょうか・・・助かっています。
何がそのトリガーになったのかは定かではありませんけど・・・

ハリーさんのお母様は93歳の要支援1ですか、まだまだしっかりとしていらっしゃいますね~ 

母と一緒で疲れたのは、戦前の価値観を持っていたことでしたね。そういう教育を受けたのだから仕方ないと思いますけどね。
私たちが今の若い人を見て、ちょっと可笑しいと感じるのと同じなのでしょうか・・・繰り返しますよね。
言っても通じないので、母は母で良いと思うようにしました。変えようなんて出来っこないです。そうあきらめると、母も何となく丸くなってきたような・・・気のせいかもしれませんけどね。

ハリーさんは、明るく軽やかにね!
by gutsuri | 2014-08-22 18:57 | 介護 | Comments(2)