百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

百歳って何かあるのかしら・・・

今日は隔週の往診がある火曜日です。

朝にヘルパーさん、お昼に往診、午後にリハビリ、夕方にまたヘルパーさんと

母にとっては忙しい日なのです。

合間を見つけて、お昼寝をしていましたけどね。

母がご機嫌で、日々落ち着いていられるのは

体調が良い証拠だと往診の先生がおっしゃいました。

健康そのものだそうです。

今のところは、どこも心配はないということでしたよ。

本当に有難いことです。

一緒にいる私も助かるのです。

母が明るいので、こちらも気持ちが軽くなって

フットワークも軽くなり、自分のことにもエネルギーを注ぐことが出来ます。

毎日ブログを書いていますからね。

自由な時間があるので、書くことが出来ます。

母が穏やかなので助かっています。

百歳を過ぎてから、母は一皮むけたように穏やかになりました。

人の気持ちを察しようとする気配が感じられるのですよ。

母は元々自分のことは自分で決めるタイプで

私はこうする、どうしてかと言うと・・・

このようにまず自分の意見を言って、それを通す人でした。

「こうしたい」ではなくて「こうする」と言う人だったのですよ~

そして、その通りにしていたのです。

まあ、しっかりタイプでしたから、私は安心して傍で見ていましたよ。

母に任せることが、結局は母のためになると考えていましたから

口を挟まず見ていましたね~

まあ、それなりに、しっかりと頑張ってやっていたように思います・・・

それが、百歳になってから、穏やかで明るいおばあさんに大変身です~

百歳って何かあるのかしら・・・

こう思ってしまいますよね。

99歳と4か月で歩けなくなって、一応、自分の気持ちを整理できたこと、

これが大きいかもしれないですね。

排泄で苦労しましたからね。

排泄を人の手に委ねるには、相当な覚悟が必要だと思いますよ

でも、時々、歩けないことを忘れていますから、どうなんでしょう・・・

今でも時々言いますよ。

さあ、これから出かけるからね~

あら~、どこにいくの?と聞くと

どこかわからないけど、とにかく出かけなければならないのよ。

階段を下りて行ってくるから・・・・と、話は続きます。

いろいろありますが、とりあえず、

今、元気でそしてご機嫌でいてくれることに、心から感謝しています。

本当に有難いことです~


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
シャリファアスマ
e0288951_17584983.jpg

ローゼンドルフシュパリスホープ
e0288951_1813157.jpg

もう終わりですね
e0288951_1823788.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-08-19 18:25 | 長寿 | Comments(0)