百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

キアゲハの幼虫たちが育っています

パセリやヤマミツバにいた7匹のキアゲハの幼虫ですが

大きくなったもの3匹は、いつの間にやら姿を消しました。

気に入った枝を見つけて蛹になったことと思います。

残りの4匹ですが、そのうちの3匹は大きくなって

(大きくなるのが早くて、観察が追いつかないのですよ・・・)

残っている一株のパセリに3匹が犇めき合っていて

これでエサは足りるのかしら・・と心配になって来ましたよ・・・
e0288951_16412295.jpg

他のパセリはこの通り、茎だけになりました。

緑色の大きな糞がたくさん落ちています。
e0288951_16434270.jpg

スープセロリの茎に残っていた小さな幼虫
e0288951_16452992.jpg

これをヤマミツバの場所に移しました。
e0288951_17351911.jpg

ここならエサはたくさんあります。
e0288951_17363489.jpg

ところが、おっとどっこい、オオカマキリがいましたよ~
e0288951_17373385.jpg

カマキリに食べられないように、頑張ってもらいましょう。

ナミアゲハとキアゲハは成虫としての蝶々は模様が似ているのに

幼虫の時には、随分と姿(模様)が異なります。
キアゲハ
e0288951_1740953.jpg

ナミアゲハ
e0288951_18211279.jpg

これらの写真は、「虫と一緒に庭づくり」よりお借りしました。
e0288951_17411961.jpg

虫が生んだ卵が成虫になる確率は0.2%という小さな数字だそうです。

7匹全部が成虫になるのは難しくとも

半分は成虫となり、蝶々となって花や草の上を自由に舞ってほしい・・・

現実問題として、食べたり食べられたりの世界は厳しいのですね。


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
ローゼンドルフシュパリスホープ
e0288951_18321168.jpg

ジュビリーセレブレーション
e0288951_18325912.jpg

ルリヤナギ
e0288951_18333456.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





蝶々の身体の模様を見ただけでわかるなんて すごいですね!私は せいぜい『モンシロチョウ』くらいしかわかりませんよ 食べたり、食べられたりと大変な世界ですね 無事に蝶々になって大空を飛べるといいですね!
Commented by gutsuri at 2014-08-15 14:24
ハリーさん、こんにちは。

虫嫌いところか、蝶々もダメだったのですよ、昔はですけどね。
無農薬でバラ育てをしていると、たくさんの虫たちがやってきます。「虫は虫によって制す」これしかなかったので、虫たちを見ているうちに、だんだんと愛着が湧いてきたのです。
ミツバチが少なくなったと海外では大騒ぎしています。農薬に弱いのはミツバチだけでなくてクモも弱いのですよ。このクモたち、庭で活躍してくれます。見かけはゴッツいですけどね。たよりになるのですよ~
草食昆虫、肉食昆虫、両方いてバランスが取れるのです。
小さな世界ですけどちょっと面白くて日々楽しんでいます。
バラも好きですよ~
小さな虫たちが精一杯活動していると、つい、応援したくなりますよね。
by gutsuri | 2014-08-14 18:42 | 庭の虫たち | Comments(2)