百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

たまに母が浸っている世界

こちら神奈川は、今日は曇り空で涼しく、気温は27度、過ごしやすい日です。

天気予報ではいろいろな警報が出されていますね。

でも、天気が相手だと、私たちはどうしようもありません。

思いつく限りの、出来うる限りの準備をするだけですね。

大雨に対する準備とは、一体、何でしょうか・・・

お天気の神様が微笑んで下さることを願っています。


昨日、庭に水撒きをした後で、草抜きを少ししました。

そのことを母に話すと

「それはまあ、大変だったね~ それで草抜きは全部終わったのかい?」

この暑い時期は、草抜きなどは、テキトーにやっています。

私は目につくところだけをチョッとするだけなのですよ~

疲れますからね・・・

夏場は消耗しますよね・・・

そして、すぐには回復しません・・・

8月は夏休みなのです~

「まだ、終わってないのよ~ ほら、暑くて~」と応えましたけど

母がいつもの調子で会話が出来るので、私はホッとしました。

その前日、反応が鈍かったのです。

結局、一日中、様子がいつもと違っていました。

沈んでいる、潜っている、ベールに覆われている、そのような感じがしましたけど

食事は完食でしたから、それほど心配はしていませんでした。

ちょっと潜っていたかっただけ・・・

自分の世界に深く入り込んだら、抜け出すのが難しくなって、時間がかかってしまった・・・

そのようなところでしょうか・・・

このようなことは、これからもあるかもしれませんね。

そして、母の自分の世界って、その潜っていた世界って、一体どのようなものなのか、

ちょっと興味があったりしますよ・・・

私の想像が及ばない奇妙奇天烈な世界、

それとも、おとぎ話のような夢の世界、

または、現実味を帯びた戦前の世界、

戦争中の飢えの想い出、

いろいろなものが交錯しているのでしょうね。

でも、今に焦点を当てれば・・・

今を意識して・・・今この時を・・・ですからね。

いつもはそれが出来ているのですが

たまには焦点がずれる・・・

それもあり、かもしれませんけど・・・ね。


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
まあ、アゲハの幼虫が気になって、一日に何度も見に行っています。
久しぶりのママ気分です~
黒い小さな芋虫が、一日でかなり大きくなって、模様が少しづつはっきりとしてきます。
成長が早いので驚きますね。
パセリ3株で足るかしら・・などと心配になって来ましたよ~
この黒い芋虫のように見える小さな幼虫がが4匹
e0288951_18322360.jpg

このくらいの大きさの幼虫が2匹、中くらいのが1匹、で計7匹います
e0288951_18325214.jpg

ジュビリーセレブレーション
e0288951_18352575.jpg

モナリザの微笑み
e0288951_1835538.jpg

ブルンネラは暑さに弱いのでしょうか。暑くなるとこのように葉が黒ずんで傷みます。
e0288951_18363782.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






by gutsuri | 2014-08-09 18:53 | 介護 | Comments(0)