百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

ハダニの天敵って・・・2

お店で買うにしても、ネットで買うにしても

ほとんどのバラ苗は、消毒栽培をされています。

消毒栽培された苗でも、我が家の庭に植えれば、

いろいろな虫がやって来ますし、いろいろな病原菌もやって来ます。

消毒をしないこの庭にやって来た途端に

この庭独自の食物連鎖の洗礼を浴びるわけです。

きれいだった葉がいつの間にか虫に食われていたり

新入りのバラ苗は、だんだんと野生児っぽくなっていきますよ。

住めば都とはよく言ったもので、

バラ苗はだんだんと虫や病原菌に負けない逞しいバラに育っていくのです。

まあ、これは、そうあればいいなという気持ちも含んでいますけどね・・・

4月のアブラムシの大襲撃にまったく屈しないのは

我が家のバラでは、ニュードーンとアルバセミプレナくらいですけどね・・・


ホームセンターで買ったプルメリアも、

室内ではなくて、ひとまず外に鉢を置いておけば

プルメリアにたくさんいたハダニがやっつけられたのではないかな~と

今になって思うのです。

何がハダニをやっつけるのかはよくわかりませんけどね。

本当にわからないのですよ・・・はっきりとしたことは・・・

でも、バラ育てをしていて、ハダニで困ったことはないのですよ~

庭にハダニはいませんね~

私が知らないだけかもしれませんけどね。

アブラムシや黒点病には手を焼いています。

虫と一緒にバラ育てなどとカッコ良く言ってみても

自然の掟は厳しくて、いつも私の望んでいるようになるはずもなく

でも、最近は、その思うようにならない部分、

それが面白いと感じられるようになったのですよ・・・


101歳の母の傍にいると

人間の身体は、薬でコントロールできるものではないということが

実感として身に染みてきます。

それでは何が身体を動かしているのかという話になりますよね。

これはまた別の機会にします・・・長くなりますから・・・

長い歴史を共に生きて来た花と虫を、もし切り離そうとするならば

そこには莫大なエネルギーが必要となります。

しかもそれを薬に頼るとすると・・・

薬というものは、一時的に薬に頼って、そして、その薬の恩恵に与る。

これが本来の薬の使い方だと思っています。

あくまで一時的に・・・

まあ、バラの美しさは、余計な心配など吹き飛ばしてくれますけどね~


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
アンブリッジ
e0288951_17572634.jpg


e0288951_17593011.jpg


e0288951_17594348.jpg

キアゲハの幼虫がヤマミツバにいました。大きくなっていくのが楽しみです。
e0288951_18003.jpg

今日のクモ、
e0288951_1801925.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-08-04 18:22 | ナチュラルガーデン | Comments(0)