百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

水分補給といってもね・・・

暑さが厳しいですね~

家でボーっとしている私でさえ、気怠さを感じます。

月曜日は訪問入浴の日、

この暑さでは、お湯に浸かるのは気分が良いのでしょう、

母はご機嫌で、入浴後のジュースを飲み干しました。

入浴後に看護師さんから、尿が濃いめだと注意がありました。

そうなのです。

ヘルパーさんからも時々言われています。

水分をもう少し摂った方がいいかもしれないですねと・・・

毎晩の就寝前の一連のルーティーンは

入れ歯を外してポリデントに浸けて

ナイトケアで口を漱いで

そして、おむつを替える・・・

このおむつ替えのときに、母はいつも私に聞いてきます。

「オシッコはたくさん出てた?」

「ん~、少しだけよ~」

「そう~(嬉しそうに)、良かった~」

何が良かったのか知りませんが、

少しと言う方が母が喜ぶので、いつも少しと応えています。

一年半前に、母が歩けなくなりベッド上の生活になりました。

その時に、ヘルパーさんに来ていただく時間をケアマネさんと決めたのですが

朝9時、そして、次は午後2時ごろが良いでしょうね・・・

ケアマネさんの経験からこのように言われるのですから、そのようにしました。

ところが、朝9時にヘルパーさんにおむつを替えていただき、

午後2時に再び来て下さった時に、紙オムツが濡れていないのです。

ほとんどの場合、そうだったのです。

驚きましたよ~

まあ、察しはついていましたけどね・・・

紙オムツにするのが嫌なので、我慢をしている様子がわかりましたから・・・

昔の人は、「手洗いに度々行くものではない」

という教育を受けていたのかもしれません。

ただ単に、紙オムツにしたくないだけかもしれませんけど・・・

それにしても間が長いので、心配ではありましたが

話をしても、頭を単に通り過ぎるような感じでしたから

自分の信念に従うしかないのだなと観念しました。

母が、食後のお茶等を制限しているのがわかりましたから

ゼリーやドリンクヨーグルト、ジュースなど、

甘みがあって美味しく感じられるものをあげると

つい、甘さや美味しさにつられて、食べたり飲んだりしています。

水やお茶がいいのはわかっているのですが

お茶などだと、飲んでくれませんね~

母が自分で自分のルールに従っているので、仕方ありません。

百歳ですから、ボケているところは多々あるのですが

こういった信念は揺らぎませんね~

今は、ヘルパーさんは、朝と夕方に来て下さいます。

夕方は、さすがに、紙オムツは濡れていますよ・・・

傍が心配しても仕方ありませんからね。

母にお任せです。

しなさいと言っても素直にする人ではありません。

だからこそ、今月、百一歳を迎えられるのだと割り切って考えています。

オシッコでこの有様ですから、排便はもっと大変です。

面倒です。

これはまた、別の機会にしますけどね・・・

私は、「水をたくさん飲んで、頻繁にトイレに行く」

という健康法を実践していますから、

何とお行儀が悪いと母には映っているのでしょう・・・


乳酸菌でオーガニックローズガーデン 今日の庭
我が家はバラはすべて地植えですから、水遣りはあまりしません。
ローメンテナンスのバラ育てです。
今の時期に、葉が黄色に染まるのは、ひょっとして水不足?という思いも
湧きますけど、バラは元気なのですよ~
落葉するときの黄変は、自然なのかも・・・などと思っています。
アランティッチマーシュ
e0288951_18404363.jpg


e0288951_18412170.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





gutsuriさん、お久しぶりです。

夏場の水分補給は難しいですね。
ウチのおばあちゃんもお茶や水だとチョビチョビしか飲みませんが、好物のソーダやジュースならコップ1杯をアッという間に飲みます(=^▽^=)


私も糖分の摂り過ぎは良くないと思うのですが、他にドカ食いする訳でもないので、今はジュースによる水分補給に重きを置いています。


それはそうと、もうすぐgutsuriさんのお母さんのお誕生日ですね。
昨年のお祝いから1年が経つんですね。1日1日は色々ありますが、1年を振り返ると早く過ぎますね。
Commented by gutsuri at 2014-07-14 21:55
アキさん、こんばんは。

アキさんのお祖母さまもジュース党ですか・・・
うちだけではないのですね。安心しました。
冷たい甘いものは口あたりが良いので、す~っと口に入り、のど越しが良いので、ごくごくといけてしまいますよね。
歳を取ってボケが少し入っていても、自分で考えてやろうとしているのを見ると、それがちょっと変でも、まあ、いいか・・・みたいに思えてしまいます。
母の人生は、母が決めるのですよね。
私から見て可笑しいなあと思っても、それで上手くいっているのですから、心配することもないのです・・

一日があっという間もなく終わり、一週間、一か月、半年がすぐに経ってしまう昨今です。こんなに速くていいのでしょうか・・・
歳を取るのは母だけではないと最近気が付きました・・・
by gutsuri | 2014-07-14 18:52 | 介護 | Comments(2)