百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

黒点、真っ盛りです~

今小雨がぱらついています。

今朝は7時前に庭に出て、水遣りをしたのに・・・・

小雨はぱらついているくらいで、土の表面が少し湿ったかなあ・・・

という程度ですから、水遣りをしてよかったのですけどね。

曇り空のおかげで、庭仕事が捗りました。

といっても、のんびりと動いていますからね。

大したことは出来ていないです。
e0288951_16571362.jpg

2~3年前に私が石を並べて小道を作ったのですが、石の間に雑草が生えて

抜くのが大変です。熱湯をかけると枯れますよ。
e0288951_16581225.jpg

ヤカンで2回分のお湯をかけました。

明日になると枯れているでしょう。

今の梅雨のこの時期は、黒点病の勢いが盛んで

ほとんどのバラが、葉の一部を黄色に染めていたり

葉の表面に黒い点々を付けたりしています。

梅雨の時期は、仕方ないですよね。

黒点のかかり方もそれぞれ、個性が出ていて面白いです。

早々と黒点に罹るバラもあれば

なかなかしぶとくて、黒点に罹りにくいバラもあります。

まったく変化していない葉っぱもあるのですよ~

今日のこの時点で、黒点とは無縁で、青々としている葉っぱのバラは、我が家では

イングリッシュヘリティッジ、ズヴニールドゥラマルメゾン、ニュードーン、

フェリシテパルマンティエ、アルバセミプレナなどです。

時間差があるだけかもしれませんけどね。

これらのバラも、そのうちだんだんと、黒点病に罹って葉を落とし、

そして、その後で、新しい葉と入れ替わるのかもしれません。

ADR受賞のバラ、ジャスミーナでさえも、少し黒点に罹り葉を落としています。

暑さが厳しくなると、バラは元気がなくなって

それでもたまに小さな花を付けて、

存在を知らせてくれます。

夏の蕾は切り取った方が良いそうですが、私は放任しています。

バラにお任せ~です。

今日、初めてのクモを観ました、緑色のきれいなクモです。

緑色というより翡翠色と言った方が似合っていますね。

指輪にしたいくらいのきれいな緑色です。
e0288951_17412822.jpg

レディーヒリンドンにいました。調べたのですが、名前はわかりません。(サツマノミダマシというクモでした)

レディーヒリンドン
e0288951_183031.jpg

毎日コガネムシを数匹捕まえていますが

バラの花は食い荒らされていますね~

ゴールドバニー
e0288951_1833552.jpg

暑くなると元気です。ダリア
e0288951_1841176.jpg

こちらも元気ですね。
e0288951_1845744.jpg

庭作業のときに便利です。これに膝をつきます。柔らかいので膝が守られます。アメリカの植物園のお土産です。近くのホームセンターでは見かけないのですよ。私が知らないだけかもしれませんが・・
e0288951_1852947.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-07-13 19:04 | ナチュラルガーデン | Comments(0)