百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

雨の中のてんとう虫

雨が強く降ると、庭の虫たちのことが気になります。

我が家は、無農薬、無肥料で、バラ育てをしていますから

虫たちの助けは必要不可欠なのです。

たくさんの虫たちの活躍のおかげで、

オーガニックローズガーデンは存在できるのですよ。

今朝、花殻摘みをしていたら、水滴を付けたてんとう虫を見つけました。
e0288951_1874527.jpg

まあ、こんなところで雨を凌いでいたなんて・・・

雨宿りにもっと適したところがあるでしょうに・・・

などと思いながらも、テントウムシを見て嬉しくなりました。

キリギリスの幼虫も大分大きくなりましたが

テントウムシのようにどこかで雨をやり過ごしているのでしょう。

カマキリの赤ちゃんは大丈夫かしら・・・

トノサマバッタは最近ずっとご無沙汰なのですけど・・・

などと思いながらバラの写真を撮りましたよ。

ハナグモやワカバグモを2~3匹見かけました。


午後草抜きをしました。

ルピナスの葉が虫に好かれることに最近気が付きました。

ダンゴ虫やワラジムシがルピナスの葉を食べているようなのです。

葉が虫食いだらけでした~

おかげで傍に植えてあるバジルや香草が、虫に食べられていません。

あら~、ラッキーでした~

無農薬のおかげで、

我が家ではバラのすぐそばに、バジルや香草が植えてあるのですよ。

小さな庭なので、バラのそばにハーブを植えたりして楽しんでいます。

ダンゴ虫やワラジムシは土壌を豊かにしてくれます。

我が家は無肥料なので、

ミミズと同じような感覚で、ダンゴ虫やワラジムシに接しています。

余り多すぎると大変ですけどね。

でも、多くなり過ぎないところが面白いのですよ~

無農薬にすると、虫の数は減ります。

そして、虫の種類は増えます。

スズメが来て、ダンゴ虫などを食べているのを見かけます。

食べたり食べられたりの世界。

いつもバランスがいいとは言えませんけどね。

風通しが良くなるように

取りあえず、茂り過ぎた枝葉を切り取りました。


乳酸菌でオーガニックローズガーデン 今日の庭
レディーオブシャーロット
e0288951_183724100.jpg

シャンタルメリュー
e0288951_18385874.jpg

レオナルドダヴィンチ
e0288951_18395251.jpg

チャールズレニーマッキントッシュ
e0288951_18411357.jpg

ニュードーン
e0288951_18425946.jpg


e0288951_18433242.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-06-12 19:11 | 庭の虫たち | Comments(0)