百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

無農薬は食物連鎖のおかげです

我が家は無農薬でバラを育てています。

無農薬、無肥料で3年目に入ります。

オーガニックローズガーデンなのですよ。

木酢液やニーム、そして唐辛子スプレーなど、

いわゆる虫除けとされているものは一切使っていません。

ですから、庭にはたくさんの虫が棲んでいます。

アブラムシもテントウムシも、クモもカメムシも、カマキリもキリギリスも、

そしてよく知らない虫たちも一緒です。

土壌を豊かにするために、自分で作った発酵とぎ汁乳酸菌液を庭に撒いていますから、

総北昆虫も肉食昆虫も、よく知らない虫たちも、みんな元気なのです。

乳酸菌のおかげで虫たちは皆、すこぶる元気なのですよ。

そういうわけで、

肉食昆虫が草食昆虫をやっつけてくれる・・・

捕まえて食べてくれる・・・

それだけが頼りなのです。

この食物連鎖、これは自然の営みだと思いますが

それを目の当たりにして・・・

まずは驚きました。

生きている昆虫を食べるカマキリやクモたち・・・

そのシーンを目にすると、初めはたじろいだものですよ。

この小さな庭で繰り広げられる食べたり食べられたりの世界を見ていて

生きるとはこういうことなのかもしれないなあ・・などと

納得している自分に気が付いたりします。

私たちは、切り身の魚やスライスやカットしてある肉を買いますから

残酷なシーンとは無縁のところにいますからね。


見かけは可愛いこのクモたち、ハナグモとササグモです。

これはハナグモです。自分より大きいアブも捕まえてくれます。
e0288951_18211041.jpg

こちらはササグモです。コガネムシやハナバチを捕まえてくれます。
e0288951_18231079.jpg

バラの花はたくさん咲いていますが

それぞれの花に一匹づつハナグモかササグモがいます。

縄張りのためか、花に1匹ずつです。

このごろは、もっともっとたくさんの虫を捕まえて食べてくれればいいのに・・・などと

クモを見つけては思っています。

が、自然は私の思うようにはならないものです。

クモは、適量しか、自分に必要な量だけしか食べません。

当然ですけどね。

たくさんあるからたくさん食べるというのは、人間の発想だと気が付きました。


オーガニックローズガーデンは、面白くて、発見がたくさんあります。

私の価値観も変化してきたかもしれません。

物の見方も変わってきたのでしょうか・・・

最近は、クモさんたちが仲間のように思えるのですからね~

人間の物差しでは測りきれないものが、あるのですよね・・・

その不思議さに、ハマっています。


乳酸菌でオーガニックローズガーデン 今日の庭
アンブリッジ、2月の大雪で太枝が折れてしまい、今年は元気がないようです。
e0288951_18463358.jpg

フリュイテ、春に虫に食われました。復活したでしょうか・・・
e0288951_18473083.jpg

クレアオースティン、2番花は小振りです。
e0288951_18483648.jpg

アランティッチマーシュ 良く咲いてくれます。
e0288951_18493546.jpg

グルスアンアーヘン
e0288951_1850351.jpg

ヘリティッジ
e0288951_18511956.jpg


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





食物連鎖で植物を育てる・・・とても素晴らしいです。私は自然治癒派。身体の治そうとする力を信じてます。でも、いいなあ。お庭があって。ポチですね。当然
Commented by gutsuri at 2014-06-05 22:35
matu8さん、こんばんは。

matuさんも自然治癒派ですか。
健康は、意識がものを言うそうですからね。
気持ちが大きく作用するそうです。

Qちゃんはたくさんのお出かけを楽しんでいて、自然を十分に味わって・・・ 広々とした自然の中で、益々お元気、素晴らしいですね。
ポチ、ありがとうございます!
by gutsuri | 2014-06-05 18:56 | ナチュラルガーデン | Comments(2)