虫たちから学ぶこと

先日買ったナスの袋にこう書いてありました。
e0288951_1854217.jpg

今まで気が付かなかったです。

書いてあったのかもしれませんが

見たとしても見逃していたのでしょうね。

無農薬も3年目に入ると、庭にはいろいろな昆虫が住んでくれています。

クレマチスが茂っていて、そこにはアブラムシがたくさんいるのですが

小さなクモたちが、セッセと食べてくれていますよ。

これはハナグモです。
e0288951_18142265.jpg

こちらにも・・・
e0288951_1815592.jpg

毎朝、バラの枝を一通り見て回りますが

大体どの枝にもハナグモがいます。

クモは縄張りがあるでしょうから、チラホラ見かけるだけですが

どの枝にもいるのですよ。

アブラムシのみならず、草食昆虫も食べてくれるといいのですけどね。


昨年、ジョロウグモの大きいのと小さいのが庭に住んでいました。

大きい方は、獲物が引っかかりやすい良い場所に大きくて立派な巣を張っていました。

小さい方は、バラの枝の下の方に、小さな巣を作っていましたよ。

私は初め、この二匹は親子だと思っていました。

が、オスとメスだったのです。

大きい方がメスで小さい方がオスです。

カマキリと一緒です。大きさに関してはですが・・・

大きさの差は、カマキリどころではありません。

メスの方が、物凄く大きいのですよ。

オスとメスが庭にいたのですから、

クモの子を散らしたように、クモの子たちがそのうち降って湧いたように

たくさん生まれてくるでしょう・・・

楽しみです。



夏ですよね、ジョロウグモが現れるのは・・・

カマキリも夏です、大人のカマキリが姿を現すのは・・・夏です。

強力な助っ人は、夏に出現なのです~

それまでは、私がせっせと手で摘まんで取ります・・・

小さな助っ人たちに、頑張ってもらわなくてはね!


ネットで見ましたが、最近は、

虫から学んだことが野菜作り等に生かされているそうですよ。

人間が薬を使って虫を押さえつけようとしても

なかなかうまくいかないようですからね。

何億年もの長い間、虫は自然淘汰され、強いものが生き残ってきました。

その虫たちの生命力の中には、

人間の科学の知恵も持ってしてもかなうことなど出来ない大自然の叡智が備わっています。

そして、例え人間が力を持って虫を押さえつけたとしても

そのときにそのように見えるだけで、

実際は虫の力が勝っているのだそうですよ。


オーガニックでもバラ育てができる・・・

それなりのバラですけど・・・

虫食いのかわいそうなバラが咲いて、がっかりすることもありますが、

まあそれも、自然のなせる業・・と受け止めています。


今日は、扶美さんの入浴日でした。

まあ、ご機嫌で、楽しそうに、気持ちよさそうにお湯につかっていました。

お世話してくださる方々のおかげさまです。

母は元気で、機嫌が良くて、明るくて、自然体です。

この気候ですからね。

お天気にも感謝ですね。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ









今日のオーガニックローズガーデン
斑入りナルコユリ、涼しげです。
e0288951_1923939.jpg

芍薬の蕾がボールのようです。じきに咲きそう・・・
e0288951_19223750.jpg

トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/21939132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2014-04-28 19:29 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri