百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ニジュウヤホシテントウ

今年はマルゴコスターが一番乗りで咲きました。

今日のマルゴコスターです。
e0288951_17155.jpg

マルゴコスターは、葉を付けたまま冬越ししたのです。

試しにこれだけ落葉させなかったのですが

元気ですね~

ミニバラなのですけど、10年以上の古株ですから

普通のバラと同じに扱っています。

昨年はと調べてみると、4月27日にスーリールドゥモナリザが一番乗りで咲いています。

2013年4月27日、スーリールドゥモナリザ(モナリザの微笑み)
e0288951_1772177.jpg

今日のスールードゥモナリザは、こんな感じです。
e0288951_179125.jpg

蕾はたくさんついていますが、咲きそうにはありませんね。

昨年12月に、2メートル以上伸びていたこのつるバラを、植え替えました。

レオナルドダヴィンチと場所を入れ替えたのですよ。

そういえば、どちらも今一つですね、

今年は共に、咲くのに時間がかかりそうです。


毎朝、ざ~っと庭を見回るのが楽しみです。

蕾がだんだん大きくなってきたり

蕾の数が増えてきたり

肉食昆虫を見つけて喜んだり

草食昆虫を見つけて、摘まんで取ったり

テンションが上がります。

クレマチスの大きな蕾にアブラムシが付いているので

スプレーで吹き飛ばしていますよ~

そして、これはテントウムシかと思って写真に撮ったのですが、

実はこれは草食昆虫で害虫とされています。
e0288951_17351310.jpg

ニジュウヤホシテントウといい、ナス科の植物を食害します。

普通のてんとう虫に比べると光沢がありませんね。

このニジュウヤホシテントウ、写真を撮っていたら

どこに行ったか分からなくなりました。

亀の甲の模様をしたものやナナホシやアカホシなど

いろいろなてんとう虫が庭に来ます。

棲んでいるものもいるようですけど、彼らは飛べますからね。

飛んで来たり飛んで行ったりしていますよ。

益虫を見ると元気になります。

あ!助っ人がいるって・・・


これは紫色のチューリップです。
e0288951_1745898.jpg

チューリップに見えませんけど・・・


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ








母に目薬を差す毎日です。

「ちゃんと目をぱちぱちさせて、目薬を中に入れてね」というと

「まあ、そんな! 目薬をお腹に入れるなんて・・」と答える母です。
by gutsuri | 2014-04-24 18:48 | 庭の虫たち | Comments(0)