オーガニックローズガーデンには虫がたくさん

乳酸菌でバラ育てをするようになって3年目に入ります。

無農薬、無肥料で、虫と仲良しオーガニックガーデンを始めて3年目になります。

木酢液もニームも使っていません。

虫は手で摘まんで取るだけですから、庭には虫がたくさんいます。

たくさんいますけどね、困るほどたくさんはいないのです。

大体のメンバーはわかっているつもりです。

カマキリ、キリギリス、ジョロウグモなどはいつも顔を見せてくれるので

親しみさえ湧いてきます。

愛すべき庭の住人、庭のお仲間というところでしょうか・・・

ひょっとして、今年は新顔が登場して増えるかもしれませんが・・・

でもそれは、私が決めることではなくて、庭の住人達が決めるのです。

私のこの小さな庭には、それ独自の生態系が出来上がっているのですよ。

無農薬にすると、虫の数は減るのですよ。

虫の数は減りますが、虫の種類は増えてきますよ・・・

不思議ですけどね・・・


無農薬にすると、虫は元気になります。

虫たちは、本来の元気を取り戻して、精いっぱい生きています。

草食昆虫は害虫とされています。

その通りで、草食昆虫は花や葉を食べますから

せっかく楽しみにしていたバラの開花を台無しにされたくはありませんよね。

そこで私は、草食昆虫用に植物をいくつか植えています。

プルモナリアは、我が家では、虫がよく食べます。

今、プルモナリアは青い花が満開できれいですよ。
e0288951_1513379.jpg

このプルモナリアが3株植えてあります。

他にはブルンネラ数株や山すみれ、そしてハーブ数種類が

バラと一緒に植えてあります。

虫たちが食べてもいいものです・・・

勿論私も食べますよ・・・虫より先に・・・

小さなキッチンガーデンにはルッコラやパセリ、セロリなど

そのほかにはヤマミツバをたくさん植えてあります。

これらは人間が食べるために植えてあるのですが

虫が食べてもいいと思って植えています。

バジルやルッコラは虫に食べられますよ・・・

が、虫たちは、山すみれの葉っぱも大好きです。

バラのそばにハーブをいろいろと植えて楽しんでいます。

バラを無農薬で育てていますからね、傍のハーブも安心して食べられます。


昨年はオンブバッタが多くて手を焼きました。

オオカマキリはオンブバッタに食傷気味のようでした・・・

ということで、この夏はバッタ退治に精を出すつもりです。

居てもいいのですが、ちょっと多過ぎます。

ネットで調べると、バッタは手で取るのが一番だとか・・・

この夏は、虫かご片手にバッタ取りです。


書いたものを読み直してみて

広いお庭の印象を受けますね~、生態系などとは・・・

「ネズミのおでこ」というたとえを私はよく使いますが

チッポケな庭です。

食べたり食べられたりの食物連鎖が出来ているだけです。

虫たちは健康で、本来の生き方をしています。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ








昨日バラにキリギリスの幼虫がいました。
e0288951_152425100.jpg

キリギリスは肉食昆虫と言われていますが、

幼虫はどうも草食らしいです。草や花が好みのようですね。

見て見ぬふりです。可愛いですからね。

早く大きくなって、肉食昆虫になって欲しいわ~

イチゴの花が雨に打たれて・・・  
e0288951_15443878.jpg

トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/21914316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2014-04-21 18:47 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri