百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

庭の棲んでいる虫たちはバラ育ての仲間

我が家で一番開花のクレマチスの花がこの有様です。
e0288951_17162640.jpg

周りをよく見てみるといましたよ~
e0288951_17202984.jpg

昨日のキリギリスは、越冬をするクビキリギスという名前だそうです。

クレマチスの花を食べたのは別の種類、ヤブキリという大型のキリギリスの幼虫です。

1.5センチくらいの緑色の透き通った感じのする可愛い虫です。

幼虫と言ってもそのジャンプ力は凄いのですよ。

どこに飛んで行ったか目が追いつきません。

クレマチスの花は美味しいようです。

10年来の紫と白のクレマチスがあり、毎年たくさんの花を付けます。

初めは元気にきれいに咲いていますが

終わり近くになると、虫に食べられて大きな花弁が欠けていきますからね。

ナメクジや他の虫たちも好んで食べますよね。

まあ、見るからに美味しそうではありますけど・・・


越冬をするクビキリギスですが

一体どこで冬を越すのかしら・・・

そうお思いながら庭を見回してみます。

雑草除けにバークチップで覆っているので

その下で冬越しをしているのかもしれませんし

グラス類を割と多く植えているので

その中で越冬しているのかもしれません。

このような感じで、グラス類が大中小合わせると、10株以上あります。
e0288951_17461948.jpg


e0288951_17464142.jpg

そのグラスの中にさっそくテントウムシを見つけました。
e0288951_17514457.jpg

真冬にはてんとう虫はこのようにしてグラス類の中で冬越しします。

はじめから、虫の住処になれば良いなと思って

グラス類をたくさん植えたわけではありません。

庭が自然な感じになればいいなと思い

草原にバラが咲いているのをイメージして植えました。

寒い冬に、カレックスの中にテントウムシが潜んでいるのを見て、

カレックスをたくさん植えて置いて良かったなと思うのです。

そして、手がかからないシンプルなバラ育てを目指していますから

グラス類を多く植えておくと、

手間を掛けずにバラ育てが出来るのではないかとも思いました。

手がかからないバラ育てを目指していますから、

グラス類をたくさん植えてよかったと思っています。

植えたときには、虫たちの住処になるなど、思いもしませんでした。

嬉しい誤算です・・・

元気で逞しい虫たちが生き残り、庭にたくさん棲んでいます。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ






by gutsuri | 2014-04-14 18:55 | ナチュラルガーデン | Comments(0)