百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

無農薬だからバラもハーブも一緒

バラの蕾がはっきりと見えてきました。
e0288951_17372998.jpg

左上から時計回りに、マリアカラス、ズヴニールドゥラマルメゾン、ブラックプリンス、

そして、アブラハムダービーです。

暖かくなって急に膨らんできましたよ。

見ているこちらの気持ちも膨らんできますね。

咲いているところを思い浮べたりして、庭を一回りします。

虫や病気のチェックでぐるっと見回るのですが

アシナガバチが一匹、五月蠅いくらいに飛んでいました。


草食昆虫が庭にいるということは

草食昆虫のエサが庭にあるということです。

でも、バラの蕾や新芽や花を食べられると困りますから

草食昆虫が食べてもよいものが庭に植えてあります。

一番のエサはプルモナリアなのですよ。
e0288951_211367.jpg

プルモナリアは大きな株に育ちますよね。

そのプルモナリアの株が我が家には3株ありますから

草食昆虫たちはこれもよく食べます。

おかげで夏にはプルモナリアの葉っぱは、虫食いの穴だらけです。

山すみれの葉っぱも虫は好きですね。

良く食べますよ。

山すみれはこぼれ種で増えて行きます。

それから、私が食べるためにハーブを少し植えていますが

これも虫に食べられることがありますね。

バジルやルッコラは虫に食われます・・・

でも、どういうわけか、虫たちはそれぞれ好みがあるようで、

プルモナリアやスミレは、虫のお口に合うようです・・・

今年はアンブリッジの傍にバジルを3本植えました。

無農薬でバラを育てていますから、バラの傍にハーブが植えてあります。

バラとバジルが植えてあれば、バッタは迷わずバジルへ行きます・・・

去年の秋は、庭にたくさんのオンブバッタがいて、

カマキリはもう、バッタに食傷気味なのかしらと思ったものです。

今年の庭は、どうなることでしょう・・・

いろいろあるのでしょうね。

楽しみですが、一抹の不安も・・・

チューリップが咲きました。
e0288951_18572554.jpg



扶美さんが元気なのですよ~

介護ブログのブロ友さんのところでも、

お母様がとてもお元気なのだそうです。

春って、気持ちに張りが出ますよね。

力がみなぎってくるような感じがしますよね・・・

高齢者も敏感に春の息吹を感じ取っているのでしょうか。

そうであると嬉しいのですけどね。

きっとそうですよね。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





Commented by アキ at 2014-04-12 10:15 x
gutsuriさん、おはようございます。

有り難い事に、ウチの祖母も暖かくなってから体調が安定しています。

冬の寒さから春の暖かさでは、体への負担も減るんでしょうね。

桜が咲く今の時期から田植えの5月位は過ごしやすいなと思います。

けど、そう言っている間に又、夏が来るんですよね。今年はどうだろう…。(昨年の酷暑にはうんざりしましたから)

とりあえず先の事は考えず、今の季節を家族で楽しみたいと思います(o^∀^o)
Commented by gutsuri at 2014-04-12 15:17
アキさん、こんにちは~

4月、5月は気分は良いですね~
桜を初めとして、木々が花を付けますし、草花も精一杯色を添えてくれますよね。
四季の巡りは、自然を活気づけて、草木もそれに応じて変化します。
四季の巡りがあって、変化があって、暑くなって寒くなって、暑いとか寒いとか言っているうちに一年が経っています。
一年があっという間で、じきに母の誕生日が来ます。
時間が経つ速さに驚いてしまいます。
ついこの間大晦日で、母が紅白歌合戦を見ていたのに・・・
今はもう四月です。
などと言っても仕方ないので、今を、この瞬間を楽しむことにしましょう。
バラの開花がもうじきです~

Commented at 2014-04-16 23:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gutsuri at 2014-04-17 16:19
鍵コメさん、こんにちは。

102歳のお母様と共同生活とは、素晴らしいですね。

今は本当にいろいろな高齢者の方がいらっしゃいます。
先日ブロどもさんのところで、百歳のお義父さまが犬の散歩をなさると知り、驚きました。
いろいろな道をたどってきて、今に至っていらっしゃる高齢者の方々。
若い人より個性が強く出ますよね。何をどのように考えてこられたかがその人の基盤になっているのかもしれません。

歩けない母は、介護を受ける身になりました。それでも3人のヘルパーさんに対して、母なりに気を使って、それぞれのヘルパーさんの個性に合わせて接しているのを見ると、私も介護のし甲斐があるというものです。
それぞれの人生です。
幸せであってほしいと思います。

コメントありがとうございました!
by gutsuri | 2014-04-11 19:42 | ナチュラルガーデン | Comments(4)