百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

黒点病、そして、うどん粉対策は・・・

虫対策は、昨日も書きましたが、無農薬にすることだと思っています。

肉食昆虫が草食昆虫を食べてくれますから・・・食物連鎖ですね。

無農薬にして、元気で丈夫な虫が庭でたくさん育ってくれば、

自ずと、そこには、それなりの生態系が出来上がります。

食べたり食べられたりの世界が出来上がるのです。

虫の数は自然に調整されてきますよ。

その場所に似つかわしい虫の数になっていくと思われます。

虫を見守る忍耐が求められるかもしれませんけどね・・・

無農薬にすることが虫対策とは皮肉なことですけど

我が家に限って言えばこれは当たっていると思われるのです。


それから、黒点病についてです。

黒点病は、放っています。

黒点病になって、バラの枝が葉を落とし始めたら、それはそれでよいと考えています。

バラが負担を減らすために、自ら葉を落としているのですから・・・

そして、また花を咲かせるために、見る見るうちに新しく葉を付けて

きれいな花を咲かせるパワーを、すべてのバラが備えています。

葉を落としたり、葉を付けたり、それはバラに任せて良いのです~

黒点病に弱いバラはだいたい決まっていますよね。

我が家のNO.1は、クラウンプリンセスマルガリータですよ~

葉を落としたりつけたり忙しいバラですけど、とても逞しいです。

黒点病に効く薬はないと書かれているのを見たことがあります。

この菌はそこらじゅうに居るそうですよ。

そこらじゅうに居るものを無くすことって、大変です。


そして、うどん粉病です。

バラの蕾や葉に、白い粉がふいていると気が付くと、

葉が変形していたり、蕾の付け根のところが曲がっていたりして、

如何にも病み上がり、病気になりましたという感じがしますよね。

私は粉に気が付いたら、葉を切り取ります。

蕾が曲がっていたらきれいに咲かないので、酷いものは切り取っています・・・

私は、自家製の乳酸菌液をシュッシュッとバラにスプレーしています。

粉が付いていたら、乳酸菌スプレーで洗い流しています。

気が向いたときにするだけなのですが、

何かの役に立っていればいいなと思いながらスプレーしています。

私たちは健康のために乳酸菌を体内に取り込みますが

乳酸菌のお風呂も身体に良いと言われていますから、

それをバラにもしています~

野菜育てには乳酸菌スプレーが効くという記事を見たことはありますが

バラ育てに乳酸菌スプレーが効くという記事をまだ見たことはありませんから、

ちょっと試しているところです。

乳酸菌をスプレーされてバラが喜んでいると思いながらスプレーしています~

バラの数も手を掛けるのが負担になるほど多くはありません。

眼と手を動かして、一本一本に声掛けしながら

バラ育てを楽しんでいます。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ








山菫
e0288951_2091323.jpg

ティアレラ
e0288951_2092678.jpg

by gutsuri | 2014-04-07 20:26 | ナチュラルガーデン | Comments(0)