百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

虫は虫をもって制す

今朝、庭に出てバラの葉を見ると、

たくさんの虫たちがいましたね~

2枚の葉をくっつけて、中に入っていたり

葉裏に隠れていたり

バラ枝の穂先がやられていたり

始まりますね・・・いよいよです・・・

虫は自分の好物を食べているだけ・・・

実際そうなのですが、葉の一枚二枚ならまだしも蕾がだめになるとがっかりです。

以前ならホームセンターで750mlの出来合いの消毒液を買い、

シュッシュッとバラに掛けることもありました。

が、この2年間、乳酸菌を使って、無農薬でバラ育てをしています。

消毒はしていません。

消毒はしないので、消毒の手間は省けますが

そのかわりに虫は取らなくてはならないので、手間はかかりますね。

無農薬でバラ育てをするために、私がしていることは・・・

1.風通しを良くすること。

 枝葉が混み合っていると、虫の住処を作っているようなものです。

 特に、昨今の日本の夏は亜熱帯地域のような状態ですからね。

2.肥料を与えない

 肥料を与えることは、不自然な状態を作り出すことで、すぐに虫が寄って来ます。

 肥料に虫が寄って来るので、バラにもすぐに虫が付きます。

3.自家製の乳酸菌液を作ってバラ株に撒いています。バラが丈夫になり

 逞しく元気になるように思います。

4.庭が小さくて、バラの数は少ないです。これから少しずつ、バラの数を減らしていくつもりです。


そして無農薬、無肥料をしていると、自然と「虫は虫を持って制す」になっていくのですよ。

食物連鎖に乗っかって、虫退治をしてもらうのです。

ごく普通の虫大嫌い人間だった私・・・虫なんて見るのも嫌でしたね・・・

虫嫌いに理由などありません・・・ただ、気持ちが悪いだけです・・・

でも、無農薬、無肥料の自然栽培でバラ育てをしていると、

驚きあり、発見あり、目から鱗状態・・・

見たくないもの、知りたくないことの部類に入っていた昆虫たち、

バラ育ての合間に、その昆虫たちの逞しい日々を観察していたら、

昆虫たちも、私たちと同じ生き物なのだという思いが湧いてくるようになりました。

その瞬間瞬間に命を懸けて生きている虫たちを見ていると、

生きることの原点を教えられている気持になるのです。

そして、すべての昆虫が、土壌改良に役に立っているそうですよ。


地球の歴史は46億年と言われています。

46億年を一年365日に置き換えると

ネアンデルタール人の登場は12月31日午後11時なのだとか・・・

産業革命は、最後の2秒なのだそうです。

その新参者の人間が、長い歴史を持つ昆虫を薬剤でやっつけることなど

出来るのでしょうか・・・

生き物の進化の土台となっている食物連鎖。

虫のことは虫にお任せしています・・・


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ








乳酸菌でオーガニックローズ
今日は乳酸菌をドボドボとバラ株に撒きました。
甘い匂いが漂って撒いている私の気分が良くなります。
毎日、見るたびにすべてが伸びていて、大きくなっていて
成長期の子供を見ているようで、嬉しいです。

この冬買ったクレマチスのアップルブロッサムです。
早咲きというだけあって、咲きました。薄いピンクが可愛いです。
e0288951_1914822.jpg

Commented by blaise-photo at 2014-04-06 02:00
こんばんは。

いろいろな花が次々と咲き出してきましたね。
桜はそろそろ終わりが近づいてきましたが、散る様子を観るのも楽しみの一つです。

gutsuriさん宅のお庭も緑が茂り、色も鮮やかになっていくのですね。
いつもネズミの額ほどとおっしゃっていらっしゃいますが
ネズミはネズミでもカピバラサイズ何だろうな・・・と思っています。 (笑)
Commented by gutsuri at 2014-04-06 16:04
blaiseさん、こんにちは~

桜も終わりですね。
今日の雨で散ってしまうでしょう。
散り際もいいですね、桜吹雪を浴びたいです。
桜って本当に素晴らしいですよね。
その周囲までが明るく輝いて見えますから・・・
一年のうちで10日余りですが
艶やかに、華麗に、繊細に、エネエルギーを伝えてくれます。
そちらで桜を堪能しましたよ~

我が家は本当に小さな庭なので、
昆虫と仲良くしてバラ育てが出来るのです。
眼が行き届きますからね。
庭が広いと無農薬でバラ育てをするのは難しいでしょうね。
これから毎日が楽しみです。
虫との競争も楽しみのうちかもしれません・・
by gutsuri | 2014-04-05 19:21 | ナチュラルガーデン | Comments(2)