百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

誰のもの・・・

今朝、ちょっと外に出て

バラの新芽の具合を見たり、虫がいないか見たり、ブラブラしていて

日向に出ると、寒いのだけれど、すごく気持ちが良くて

そのまま椅子に座って、しばらくお日さまに当たっていました。

良い感じです。

外の空気って美味しいですよね。

何よりのご馳走です。

身体が喜んでいるのがわかります。

バラの新芽が勢いづいてきていて

生命力がそこらじゅうに溢れていると感じるのは、思い込みでしょうか・・・

指先は冷たいのですが、お日さまの暖かさが気持ち良くて

そこにず~と居たいなあと思いました。

最近、面白いブログを知ったのですが

そこに書いてあったことが頭に浮かんできましたよ。


「大地や空を、どうして売ったり買ったりできるのか? 

その考えは、私たちにとって非常に奇妙に思える。

空気のすがすがしさや水の輝きを、そもそも誰も所有などしていないのに

なぜそれを売ったり買ったりできるのか?

私たちはよく知っているのだ。

大地が人間に属するのではなく、人間が大地に属しているということを。」

これは、1800年代のアメリカ先住民の酋長の言葉だそうです。


この言葉は、よく理解得来ますよね。

ネズミのおでこほどの庭に、バラを植えて楽しんでいても

自然の息吹を肌で感じて

母なる大地を常に意識して

風、雨、空などの変化を楽しんでます。

昆虫なども、大地の仲間として受け入れて

距離を置きつつも、出来る範囲で尊重しようかなと思っていますよ。


私が生きている間は、この土地を使わせていただこう・・・

バラをきれいに咲かせて楽しもうと思います。

ここで母なる自然を感じて日々を過ごそうと思います。

私の好きにさせていただこう・・・

でも、そのあとのことは全くわかりません。

未知数です。

そのうちに、ここは、自然に返るのだろうなとおもいます。

それまでの間、母なる自然から拝借して、使わせていただこう。

たくさんの恵みに感謝しながら、精一杯楽しむことにします。


今日はランキングバナーやyoutubeの貼り付けが上手くいきません。

このような日もあるのですね。



乳酸菌でバラ育て
この冬は、クリスマスローズの逞しさに驚きました。
早いものは1月に咲き始めて、さびしい庭を彩ってくれます。
雪の重みに2回も耐え忍び、再び立ち上がってきれいな姿を見せてくれました。
今もまだきれいに咲いています。その強さに脱帽です。
クリスマスローズを増やしたいなと思い、一年苗を探しました。
もう、時期は遅いようですね。手に入ったのは少しです。
来年を楽しみにします~

四季なりイチゴの花がきれいに咲きました。
e0288951_16542753.jpg


e0288951_1655121.jpg

Commented by Eriko at 2014-03-12 14:00 x
gutsuriさん、こんにちは。
ここに来ると癒されます。イチゴの花元気ですね!きっと美味しいでしょう!
保証付きな感じ^^
確かにそうですよね。土地や空を買ったり売ったり... それで戦争になったりしてるんですもんね。
平和な世の中になって欲しいものですね。
Commented by gutsuri at 2014-03-12 19:26
Erikoさん、こんばんは。

イチゴの花は、ピンクや赤です。可愛いのですよ。
暖かくなりました。ようやくです。イチゴも育ってくれそうです。
このような平和な日々が有難いです。

個々で何が出来るのかですよね。
祈りが案外効果があるそうなので、祈ることもありますよ。
Erikoさんのチャリティーも応援して祈っていますよ~


by gutsuri | 2014-03-11 18:04 | 自然とのつながり | Comments(2)