百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

庭の食物連鎖

今朝、乳酸菌をたくさん撒きましたよ。

バラの根元にドボドボと

そして、他のものにもドボドボと

たくさんの乳酸菌を撒きましたから

甘~い匂いが庭に漂っています。

リンゴを煮たときのあの甘い匂いがするのです。

この匂いが地面下で、ドラマを引き起こしてくれるのです。

微生物の働きで豊かな土壌を作るというドラマです・・・

土壌が豊かであれば、きれいなお花が咲いてくれます。

お花が咲けば虫が寄って来ます。

益虫も害虫もやって来ますが、それはごく自然なことなのです。

益虫とは肉食昆虫で、害虫とは草食昆虫ですよね。

あの虫は来てもいいけれど、この虫は来たらダメ・・

などというのは叶わぬ望みですよね。

草食昆虫も肉食昆虫もやって来て

またそこでドラマが始まります。

食べたり食べられたりの世界です。

この庭で、一つの生態系が出来ていると良いなあと思っています。


虫や病気の菌は飛んでやって来ますから、防ぎようがありません。

風に乗ってやって来るのです。

もし、庭できれいに咲いている花に、虫が寄ってこないとしたらどうでしょうか・・・

嬉しい~、助かるわ~、でしょうか・・・

咲いている花に虫はつきものですよね。

暖かくなってバラの花が咲くのを心待ちにしていますが

虫との出会いも覚悟しておく必要があります。


花の世界があり、虫の世界があり、花と虫の世界もあります。

そして、それを観察しているのは、この私です。

健康で丈夫なバラの枝を育てて

健全な食物連鎖が育っている虫の世界があって

そして、適切な数の虫たちが

花から命の糧を得る・・・

適切な数の虫たち、ここがポイントですよね。

無肥料にすると、虫の数は減って、虫の種類が増えますよ~

ですから、適切な数の虫たちというのは、あながち難しいことではありません。

そのためにはまず土壌作りからなのです。

そう思って、セッセと乳酸菌を撒きましたよ。


虫の世界はハプニングだらけ・・

何が出てくるやら・・・

懸命に生きている虫たちを、愛を持って見ることは出来るようになりましたが

ヘビだけはどうもね~

毎年挨拶に顔を見せてくれますが

正直なところ、挨拶は結構ですとヘビ君にお伝えしたいです・・・


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ








乳酸菌でバラ育て
お日さまが出て、春の気配がすれば、植物は敏感に反応しますね。
この暖かさを十分に味わってほしいです。
あれだけの寒さでしたからね。
クロッカスのお花が増えました~
e0288951_19454366.jpg

今日の夕日
e0288951_1946318.jpg

by gutsuri | 2014-02-26 19:51 | ナチュラルガーデン | Comments(0)