百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

聞えてきた会話

先日孫と行ったお寿司屋さんでのことです。

子連れなので、11時半の開店と同時に行きましたから

他のお客さんが来る頃には、私たちはほとんど食事は終わっていました。


「あなたは結婚してからずっと私の言うことをまともに聞いてこなかった。」

この言葉が聞えてきて、一瞬耳を疑いました。

え~と私は今どこにいるのかしら・・・みたいな感じです。

一人置いたお隣から聞こえてきたのです。

初めは、「ちょっと、それは家で言う言葉でしょう?」などと思いましたが

外で言うにはそれなりの事情があるのでしょう。

夫らしき人には、その言葉がそれほど堪えていないような気配がしていましたからね。

帰り際に見えたご主人の姿は、自信たっぷり、堂々とした方のようでした。

仕事で修羅場をたくさんくぐり抜けて来たとすると

奥様の言葉など、蚊が止まったほどにも感じていないのかもしれません。

思わず奥様にエールを送っている自分に気が付いて、笑ってしまいました。


傍に孫がいて賑やかでしたから

それ以外の言葉は聞こえてきませんでしたが

チラッと聞こえてきた同年代のご夫婦の会話に

知人たちを思い浮べたり

そうそう、そういう風に感じたことは私もある

などと、考えがあちこちに走りました。

そして、子供たちも私に対して

そういう風に感じたことがあるかもしれないなあ・・・などと

昔に思いが飛んでしまったり・・・

すぐに孫の声に引き戻されましたけどね。

私は外食など滅多にしないのですが

久しぶりに外で食べて、意味深な言葉を聞きました。

それにしてもあの二人、大丈夫かしら、病気にならなければいいけれど・・

などと、余計なおせっかい心も湧き上がってきたりします。

いろいろありますよね。

いろいろあっていいのでしょうね・・・きっと。

懸命に生きているのですからね、みんなが・・


在宅介護ランキング、または薔薇ブログランキング

ポチッとクリックしていただけると嬉しいです~

皆さまとの繋がりに感謝です。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ







乳酸菌でバラ育て
雪は少しづつ溶けていきますが、吹き溜まりはびくともしない小山になっています。
クリスマスローズを雪から掘り出しました。元気でした。
雪の重みで折れている茎がありましたけど・・・

2013,5月12日  スーリールドゥモナリザ
e0288951_19411930.jpg


今日の夕日
e0288951_1944384.jpg




by gutsuri | 2014-02-12 19:52 | 日常 | Comments(0)