百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

老いた身には日々のお手入れが一番

家に居ながらにして、雪国を体験できました。

まあ、吹雪が凄かったです。

ヒュー、ヒューと、風と雪が舞っている様子を窓越しに見て

その凄さに見とれていましたよ。

これって現実かしらと思いながらね・・・

我が家は、坂道を登ったところにあるので

雪が積もると行動が狭まれます。

ということで、昨日は、朝と夕のヘルパーさんはお休みで

午後のリハビリもお休みでした。

車が上ってこられません。

積雪は20センチくらい、吹き溜まりは凄いことになっています。


このような時に、母の部屋のエアコンの調子が良くなくて

気が付くと止まっていることがたびたびありました。

このような寒い日に限ってどうしてだろう・・・

強風のせいか、蛍光灯の灯りがチラッと瞬間的に消えるのですが

その時にどうも、エアコンも一時的に止まるのではないかと言われて

そういえばそのようだと・・・

このように寒いと、エアコンが止まると命に関わります。

しかも、止まるのは母の部屋のエアコンだけです。

台所の遠赤外線ストーブを持っていきました。


今朝もヘルパーさんはお休みでしたから

「今日も私がするわよ~ ヘルパーさんみたいに上手くないけど・・」と言うと

「よっしゃ!」と、母の返事は良いのです。

返事は良いのですが

痒い、痒いと言いながら、手の届くところを掻き毟っています。

昨日今日と実際に母の世話をして

母を裸にして全身の様子をくまなく見て

百歳の現実を目の当たりにしましたよ~

皮膚は一番大きな臓器と言われていますが

その皮膚が、相当傷んできていますね。

母が痒いと言いながら掻いていることが

理解できるようになっただけでも良かったと思います。

寝たきりの百歳の皮膚は、こうなってしまうのだなと実感しましたよ。


私には私なりの対処法があり、それを基本にここまでやって来ました。

薬のお世話にもなりますが、それはまあ、最後に取っておいて

身近なところで、ハーブや生薬、代替医療などに重きを置いています。

そして、それを実行するには

「マメにする、日々実践する」ということが大事なのです。

これを思い知らされた豪雪の日でした。

日々のお手入れが物を言うことを

老いた身体が一番教えてくれそうです。

扶美さんは元気~ 嬉しい~ などと、はしゃいでいましたが

これからは、母の一言一言に、耳を傾けるようにしようと思います。

何もなければ言いませんからね。

何か理由があるのだから、母が言っているのだと

これからは、そういう風に捉えます・・


5分ごとに圧を変えてくれるマイコン内蔵のハイテクエアマット!

有難いですね~

寝たきりの百歳を支えてくれます。

壁紙が出なくなりました。
変えたわけではありません。


在宅介護ランキング、または薔薇ブログランキング

ポチッとクリックしていただけると嬉しいです~

皆さまとの繋がりに感謝です。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ








乳酸菌でバラ育て
何もかも雪に埋もれています。白一色です。
昨日は凍える寒さでしたけど、今日は気温が高いのが嬉しいですね。
春分まで後、一ヶ月と十日余り・・

2013,5月19日  名前がわからないので伯爵夫人と私が名づけました。
10年以上経っている古株、一番花の後大きく伸びるので強剪定しています。
e0288951_16434314.jpg


今日の夕日
e0288951_16561614.jpg


e0288951_16564579.jpg




by gutsuri | 2014-02-09 17:05 | 健康 | Comments(0)