百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

1年に4回の仕切り直し

今朝は冷え込みが厳しかったですね~

外の水道の蛇口につららのようなものが付いていました。

水を出そうとすると、真横に水が飛び出して来て慌てました・・・

それでもちょっと外を歩くと、春はあちこちに、見られます。

近所の早咲きの梅を見に行きました。
e0288951_16425025.jpg


e0288951_16471984.jpg


こちらは少しピンクがかっています。
e0288951_1648755.jpg


e0288951_16483047.jpg


アロエも咲いています。
e0288951_16491239.jpg

こんなに寒いのに、春ですよ~と言うのも気が引けますが

周囲を見渡してみると、やっぱり春は近づいているのだなあと気が付きますよね。

立春ですものね。

気持ちは春です~

植物は活動を始めたのではないでしょうかね。

たとえ地面の下でも、活動は始まっていると思います。


一年のスタートは1月1日、お正月となっています。

それは、社会生活上の、またはカレンダー上のお正月だと思っています。

私にとってはそうなのです。

一年のスタートは、他にもいろいろと考えられるのですよ。

たとえば、冬至。

冬至は太陽のお正月です。

地球上で生きているものはすべて、太陽のおかげで生きていると言えますよね。

外で育っている植物は、太陽や月と会話しながら育っています。

太陽の日差しや月の明かりを全身で感じ取りながら生きているのですよ。

私たちに比べるともっと密接に太陽や月と繋がっていると思いますよ。

植物だけでなく、野生の動物や虫たちもそうですよね。

冬至からだんだんと、日照時間が長くなってきて日差しも強くなってきています。

地球(北半球から見た場合です)から見た太陽が、勢いを増してきたように思えます。

そして、立春。

春が始まる日。すなわち、生命の息吹がスタートする日。

最も寒い日とされていますけどね。

寒いけれど、何となくそこここに春を感じることが出来ますよね。

梅が咲いていますものね。

それから誕生日。

自分の誕生日もそうですね。

この日は、自分にとってはお正月ですからね。

自分の新しい一年がスタートします。


冬至、元旦、立春、そして誕生日と

一年に4回のお正月があるのだと私は考えています。

仕切り直しは4回あります。

こんな風に考えて、のんびりと過ごしていますよ~


「梅が咲くから春が来る」のだそうですよ。

梅は春を呼び込む花!


在宅介護ランキング、または薔薇ブログランキング

ポチッとクリックしていただけると嬉しいです~

皆さまとの繋がりに感謝です。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ








乳酸菌でバラ育て
暖かい日が続いていたので、バラの芽が急に伸び始めていました。
ひとつの節から2~3個の芽が出ているものがあって、もう、芽かきを
しています。
e0288951_1824114.jpg


今日の夕日
e0288951_1848440.jpg


e0288951_18483540.jpg




Commented by blaise-photo at 2014-02-05 18:58
こんばんは。
gutsuriさんのお住まいの地域はこちらに比べると
春の訪れが早いですね。
早咲きとはいえ、沢山咲く梅の花を見て驚きました。
梅の花は私の中では草春を連想する花の一つです。
Commented by gutsuri at 2014-02-05 21:48
blaiseさん、こんばんは~

この時期にはいつも咲いている有難い梅が近所にあります。
厳しい寒さの中でも、凛として咲いている梅、素敵ですよね。
神奈川地方もさすがに今朝の冷え込みは厳しかったですよ。
でも、この寒さを底にして、春に向かっていくのですから
まあ、いいか、ですよね~

梅が咲くから春が来る、というのは、梅は、状況を待っている
のではなくて、自分で切り開くのだという禅の教えを含んでいる
のだとか・・・

梅を見る目が変わりそう・・・
by gutsuri | 2014-02-05 18:50 | スピリチュアル | Comments(2)