食べたり、食べられたり・・

バークチップで覆っているとこんな感じです。
e0288951_15115913.jpg

バークチップをちょっと裏返しにすると

ワラジムシやダンゴ虫が慌ててもそもそと動き出します。

私は乳酸菌を撒くときも、バークチップの上からドボドボと撒くので

虫たちは乳酸菌のシャワーを浴びていることになります。

我が家の虫たちは元気なのです。

乳酸菌風呂が健康に良いことは、知られていますからね。
e0288951_15155050.jpg

住んでいる虫が元気なら、バラも健康で元気だと思います。

バラの木は健康に育っていると思いますよ。

バラの木の寿命を計れるなら

我が家のバラの木の寿命はきっと長い方でしょうね。

シンプルなバラ育てを心がけて

バラと共に歳を重ねていきたいと思っています。


バークチップが虫たちの住処になっているので

バークチップで覆うようになったら、虫がたくさん増えすぎて

困るのではないかと心配でした。

ところが不思議なことに、そうでもないのです。

増えるどころか減ってきているような感じさえします。

ダンゴ虫の天敵が活躍しているのです。

食物連鎖が育っています。


このちっぽけな庭の中で食物連鎖が育っていると気が付いてから

虫嫌いの私が、虫に興味を持つようになりました。

ワラジムシなど見るのも嫌でしたけどね・・

食物連鎖の頂点に立っているのは、何なのでしょうね~

ヘビもいますし、カナヘビ、大きなジョロウグモもいました・・・

カマキリも多いです。

でもバッタが多過ぎて、カマキリは食べきれないようでした。

それで、今年はバッタ取りをしようと思っています。一日10匹とか・・


食べたり食べられたりの世界が出来ています。

住んでいる虫たちは健康です。

乳酸菌のおかげで、健やかな土壌も育っています。

そして、健やかな土壌に植えられているバラたちは

きっと健やかに育っていることでしょう。


バラ育ては、発見があって面白いのですよ。

さあ、2月になりましたね。

4月末には、バラは咲き始めます。


在宅介護ランキング、または薔薇ブログランキング

ポチッとクリックしていただけると嬉しいです~

皆さまとの繋がりに感謝です。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ







乳酸菌でバラ育て
日差しがあれば春ですね。
クリスマスローズも開いてきましたよ。
ビオラやパンジーの株が大きくなったような気もします。

暖かくなってきて、花数が増えました
e0288951_17254520.jpg


2013、5月26日  レオナルドダヴィンチ
e0288951_1653187.jpg


今日の夕空
e0288951_1726716.jpg




トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/21636004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2014-02-01 17:43 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。

by gutsuri