百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

介護という旅路

昨日は、リハビリをお願いしているところから

お医者様の往診がありました。

3か月に一度、リハビリの効果、母の体調などを診て下さって

その後のリハビリの対策、方針などを検討していただいています。

どこも気になるところはなくて、母は元気、大丈夫だということでした。

今日のリハビリも、「すごく良く身体が動いていますよ~」と言われました。


歩いていないので、母の脛はだんだんと細くなっていきます。

筋肉はいつの間にかなくなっていて

大地を踏みしめていたしっかりとした脚が

気が付けばひょろひょろとしています。

申し訳程度に脚があるみたいにです・・

動かしていないのに、床ずれにもなりません。

ハイテク機器のおかげですよ。

ベッドのそばのコンセントは

それが何のプラグなのか、考えなくてはわからないほどの

たくさんのコードが差しこまれています。

電動ベッド、

ハイテクエアマット、

電気あんか、

CDプレーヤー、

テレビ、

低周波治療器、

空気清浄器など

このような便利な機器のおかげで

母の快適なベッド上の生活が保たれているのです。

エアコンもですね。

一番お世話になっています。


このように快適な環境の中で、明るく元気に母は日々を過ごしています。

母の介護をしていると、

人間の命って、寿命って、生きるってなんだろう・・

ときどき、思いがけなく、ふと、そのように考えていることがあります。

ぼんやりと過ごしてきた私には

それに気付くことが必要だから

今の介護の日々があるのだと思っています。

介護という終りに近づいてきた母の旅路のお供をしながら

そのことについて考えていると

新しい発見や新鮮な驚きがあるのかもしれません。

どのような驚きや発見に巡り合えるのか

これもまた、今年の楽しみでもあります・・・


在宅介護ランキング、または薔薇ブログランキング

ポチッとクリックしていただけると嬉しいです~

皆さまとの繋がりに感謝です。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ







乳酸菌でバラ育て
大きく育って葉を伸ばしたものの影になっていて、成長できなかったもの。
気にはなっていたのだけど、そのような小さなものを空いている場所に
植え替えました。春になってのびのびと葉を伸ばしてくれるといいですね~

八重の日本水仙、切り取って良い香りを楽しんでいます
e0288951_1718922.jpg


今日の夕日
e0288951_17191441.jpg




by gutsuri | 2014-01-14 17:24 | 介護 | Comments(0)