百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

冬薔薇

冬薔薇。

ふゆそうび、または、ふゆばら、と読むのだそうです。

冬になっても、まだ、咲き残っているバラを指して、このように呼ぶそうです。

俳句の季語でもあるのだとか・・・

今日の冷たい雨の中咲いている、モナリザの微笑みです。
e0288951_1451588.jpg


冬に限らず、良く咲いてくれます。

春からず~と咲いているような気さえしますよ・・

こちらは、シャンタルメリューです。
e0288951_14542736.jpg


春の輝くようなピンク色ではありませんが

落ち着いた色でそれなりに咲いています。

こちらは一輪だけです。

季節外れに、ポツンと咲いている感じです。

冷たい雨の中、幾つかのバラがまだ咲き残っていますよ。

イングリッシュヘリティッジとナエマが一輪づつ咲いています。

この二つは、寒さに強くて、風にも強くて、色づいた蕾もチラホラ見えます。

色づいた蕾は、時間をかけてゆっくりと、開いてくれるのでしょう。

昨日アップしたパパメイアン、一昨日アップした今年最後のクレアオースティン

共に雨の中、きれいです。

今の時期、花持ちは良いですからね、あと3~4日はきれいでしょうね~

レディヒリンドンの蕾は、どうでしょうね~咲いてくれるでしょうか・・・


バラに乳酸菌を撒きはじめて一年半になります。

撒き始めたころは、セッセ、セッセと、マメに撒いていました。

頑張っていましたよ~

ペットボトルが重いなあ、

このペットボトルは持ちやすい、片手で持てるなど

ペットボトルの形一つ一つがこんなに気になるなんて・・・

と思いながらも、楽しくて

たくさんの乳酸菌を作って、たくさんの乳酸菌を撒いていました。

ドボドボと、バラの株元にかけました。

この小さな庭なら

土壌改良はすぐに出来るのではないかと思っていました。


撒きはじめてから

バラが良く咲く、綺麗に咲く、大きく咲く

このように感じましたから

乳酸菌を撒くのにも、熱が入りました。

それまでは、春にボカシ肥を、寒肥に牛糞を与えていました。

が、乳酸菌を撒くようになってからは

乳酸菌だけで様子を見てみようと思いました。

肥料と農薬はワンセット、と言われていますからね。


春にはうどん粉病になるバラもありますし

梅雨時は黒点病にかかるバラもあります。

そうなりやすいバラは、大体決まっていますから

それはそれと、割り切って付き合っていますよ。

そして、たとえ黒点病にかかって、葉を落としても

必要とあれば、あっという間に葉をつけて、花を咲かせますからね。

余り心配はしていません。


今年もあと少しですね。

バラに楽しませてもらった一年でしたよ~

良く咲いてくれて、元気もたくさんもらいました。

年内にもう一度、たっぷりと乳酸菌を撒こうと思っています。

今年一年の感謝を込めて・・ですね。

年が明けて、時期をみて、簡単に剪定します。

私のすることは、すべて簡単に、です。

そうしないと、続きません、私の場合は・・・






よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ご訪問ありがとうございます





乳酸菌でバラ育て
乳酸菌でバラを育てていると、食物連鎖の様子が少し見えてきたりします。
バラに都合の良いことばかりではないのですが、この生態系の中にあって
バラも自然に逞しく育っているのだとわかってくると、いっそうバラが可愛く
思えてしまいます・・
チッポケな庭に、生態系などという言葉は、似合いませんけど・・・



by gutsuri | 2013-12-19 17:06 | ナチュラルガーデン | Comments(0)