百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

余力を残すバラ育て

私は、バラの芽出し肥料を与えたことがありません。

それでも、バラはそれなりに咲いてくれますから

その必要を感じていないのですよ。

芽出し肥料を使っていない分、

春の開花、一斉に咲き揃う見事さ、絢爛豪華なバラの花の競い合い、

そのようなものに置いては

我が家のバラの開花は、きっと、

スケールが小さいかもしれないなあと思っています。

バラの芽出し肥料を使って

バラの花が力いっぱい咲きそろっている様子は

生命力の輝きのように素晴らしくて、見ていてうっとりしますよね~

本当に、お薬の力には凄いものがあると思っています。


動植物、すべての生き物に当てはまることなのだそうですが

生きているものには、全て、知性があるのだそうです。

気が遠くなるほど長い時間をかけて習得してきた生きる力のようなものが

生き物には備わっているそうです。

周囲の環境とコミュニケーションを取りながら

何をすべきなのか

その時その時、判断をして生き延びてきた力、

そのようなものが、

生物には、長い時間をかけて、培われているのだそうです。


ということで、

私はその植物の知性にすべてお任せしています。

春の開花のスケールは、少し小さ目かもしれないけれど

そこにはまだ、バラの枝には、余力が残っているというか、

バラの木が自分で余力を残しているように思われるのです。

その余力が、病気と闘ったり

虫と仲良くしたり

梅雨の雨をやり過ごしたり

そして、暑さや寒さに対しての抵抗力を産んでいるのではないかなあ・・・

とまあ、このように考えているわけです。


でも、私のことをよく知っている人は

な~んだ、面倒なことをしたくないだけでしょう?

このように言いますよ・・・

それも当たり~です。

10年後も、バラ育てをしたいと思っていますから

シンプルなバラ育てを目指しているのですよ~

ローメンテナンスですよ・・・無農薬、無肥料ですから・・・


今年は寒肥えもなしにしようかなと考えています・・・

乳酸菌だけです~



よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ







ご訪問ありがとうございます





乳酸菌でバラ育て
台風のような激しい雨と風でした。
短い時間だったので、大した影響もなくて済みました。
雨を含んだレディーヒリンドンが地面に付きそうです。2輪とも・・・


いつの間にかクリスマスローズに蕾が付いていました
e0288951_15262210.jpg





by gutsuri | 2013-12-10 15:54 | ナチュラルガーデン | Comments(0)