百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

黒いアブラムシ

ホワイトセージに黒いアブラムシがいます。

e0288951_13405567.jpg


この夏植えた小さなホワイトセージにはどれもアブラムシはいませんが

この大きなセージには、幾つかの枝先に固まって付いているのです。

ルッコラにも少しですがアブラムシがいます。

e0288951_1349531.jpg


私がランチに毎日食べているルッコラです。

きれいに洗うといつも何匹かがボールに浮いています。

こちらは気になるほどではありません。

アブラムシは好みがはっきりしていて

サニーレタスやそのほかの葉物には付きませんが

ルッコラは、大好きなようですね~


でも、来年の春、バラに付くアブラムシのことを考えれば

そのように呑気なことは言っていられません。

アブラムシは、交尾しないで、妊娠した娘を産むのだそうです。

クローンを産むのですが

そのクローンは、生まれたときには既に、子持ちなのだそうです。

何と効率の良い増え方ですね~

いくらつぶしても、てんとう虫が頑張って食べても

減らないはずです。


人間の歴史は、高々数万年~数十万年だそうです。

方や昆虫の歴史は、数百万年だと言われています。

その差は歴然ですね~

数百万年の間には

地球は何度も過酷な環境に陥ったことだと思いますが

それを、昆虫たちは生き延びてきて

現在に至るということなのですよね~

その進化の過程は如何に・・・

過酷な環境を生き延びるための術が

昆虫の身体の中に組み込まれているのでしょう。


ネットで調べると

牛乳を霧吹きでかけるという記事がたくさんありました。

アブラムシが牛乳の乾いた膜で、窒息するのだそうです。

水のスプレーで、吹き飛ばすという手もあります。

ホワイトセージの葉は表面がねっとりしているので、

アブラムシを取り除くのはちょっと手間なのですよね・・・


花と虫の共存を目指しています~

色々な虫がいて、食べたり食べられたりしながら共生している。

このちっぽけな庭でも、一つの生態系が出来上がってくれたらいいのになあ・・

そのようにするには、どうしたらよいのだろう・・

あれこれ工夫しながら

無い知恵を絞りながら

乳酸菌を撒きながら

その過程を楽しんでいます。




よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ






ご訪問ありがとうございます






今日の庭
昨夜の強風で、落ち葉がたくさん。吹き溜まりとは、よく言ったものですね。
強風に慣れっこの我が家のバラたちも、花びらを落としたものがありますね~


ヘルツァス  
e0288951_14424938.jpg



マルゴコスター
e0288951_14434476.jpg





by gutsuri | 2013-11-26 15:43 | ナチュラルガーデン | Comments(0)