百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

うどん粉病に乳酸菌をスプレーしました

バラが一本だけ、うどん粉病に罹っているなと気が付いていました。

10日くらい前に気が付いていましたが

まあ、一本だけだったのと

秋の新芽の先に、少し白いものが見えただけなので

そのうちに、自然に治るのではないかなあ、治って欲しいなあ

という願望にも似た気持ちがあったので

放って様子を見ていました。

そのうちに、傍にあるヘリティッジの先の新芽に少し白いものが見えてきたので

昨日、慌てて、乳酸菌培養液をスプレーしました。

これはそのうどん粉病にかかっているズヴニールドゥラマルメゾンです。

e0288951_12524130.jpg


初めに少し白いものを葉っぱに見た時点ですぐに

乳酸菌をスプレー、もしくはその部分を切り取っておけばよかったと反省しています。

見る見るうちに、拡がってしまいました。

蕾が幾つか付いているのですが、こんなのもあります。

e0288951_12561698.jpg


やはり、早い時点でというか、気が付いたらすぐに対処ですよね~

他のバラには、今のところ影響はなくて一安心ですが

菌はばら撒かれていますから、要注意でしょうね・・・


春にはうどん粉病にかかるバラが幾つかあります。

うどん粉病にかかりやすいバラ、うどん粉病にかかりにくいバラ

それぞれの個性が、見えてきます。

一方、黒点病の方は、ほとんどのバラが多かれ少なかれ影響をうけます。

だから、黒点病は、バラには付き物なのかなあと

半分あきらめの気持ちがあります。

黒点病が出ても慌てません。

バラであれば、黒点病は仕方がないものだという思いですね・・・


でも、うどん粉病は

すべてのバラが大きく影響されるわけではありませんから

乳酸菌をスプレーしながら洗い流して終わりです。

乳酸菌が白い粉を食べているイメージをしながら、洗い流しています・・・

我が家の場合ですけど・・・

まあ、一種のおまじないのようなものですかね~

科学的ではありませんね・・・

でも、効いているように思えるのですよ~


昨日は午後から久しぶりに孫たちのところへ行きました。

届け物があったので、急に思い立って行くことにしたのです。

孫たちに会えて嬉しかったです。

しばらくぶりに会うと

と言っても一か月ぶりですけど

大人びた感じがして

時間の経過がひしひしと感じられます・・・

子供の成長は早いですね。




よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ご訪問ありがとうございます






今日の庭
昨日帰りに、ホームセンターに寄ってパンジーを買いました。パンジーとビオラが
お店にたくさん並んでいました。もう、もう、そのような時期なのですね。11月です
から・・・迷うほどたくさんの種類がありました。
どこに植え付けるか、考え中です・・・


ヒリンドン
e0288951_15264730.jpg




シャリファアズマ
e0288951_1527209.jpg





by gutsuri | 2013-11-09 16:12 | ナチュラルガーデン | Comments(0)