百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

それでいいのです

火曜日に往診の先生が来られました。

その時に、母のことで最近ちょっと気になっていたことがあったので

先生にご相談しました。


月曜日には、訪問入浴をお願いしています。

看護師さんを含めた3人の方が来て下さって

部屋でお風呂に入れてくださいます。

歩くことが出来なくなって、この入浴が本当に有難くて

母がベッドの上で、普通の生活が出来ているのも

この入浴のおかげだと思っています。

身体を清潔に保つことができて、皮膚疾患や床ずれもありません。

12月がくれば、ベッドの上での生活が一年になります。


お世話に来て下さる方々に

「ありがとうございます」という姿勢で応対していた母ですが

先月辺りから

「お風呂に入りたくない。ちょっと具合が悪い。」

とかなんとか言っているらしく、その様子が伝わってきます。

ヘルパーさんたちに対しては

お世話をして下さる方々ということがはっきりとわかっているらしく

挨拶をしたり、お礼を言ったり、普通の応対が出来ています。


が、入浴はどうも嫌らしく

それでも、今までどうにかやり過ごしていましたが

時々そのたがが外れるらしく

入浴が嫌だとはっきりと言動で表しています。

高齢者は、施設で入浴の方々が多いですが

皆さん、それぞれの思いがあるようですね。

平気な人、ちょっと嫌そうな人、様々らしいです・・・


母のそのような態度が先月から気になっていたので

先生にお尋ねしたところ

「それでいいのです。」とおっしゃいました。

そう言われてみて、「ああ、それでいいのよね」と私も気が付きました。

百歳の母に、余り求めない、ということです。

母にたくさんのことを求めない、そういうことです。

普通にちゃんと振る舞って・・などと思っていましたが

そのような思いは、余計なことのようです。

はい、どうぞ。 何でも言ってください。

そのような姿勢で、母と向き合おうと思います。


その時に、先生から

末期がん患者の人、病気の人、そして外出ができない人に

アロマセラピーを出張でして下さる看護婦さんのお話を伺いました。

格安のお値段でして下さるそうなのです。

母はリフレクソロジーが好きだったので

アロマセラピーも気に入るかもしれません。

トライしてみようと思っています。


私は、昨日のヨガレッスンのおかげで

岩盤のような私の背中や肩が

今日は少し軽くなったように感じています。

肩甲骨の周囲の刺激が、今日はすごく気持ちが良いのです。

凝り固まった身体が、だんだんと解されていく・・

そのような思いが、心地よい刺激と共に実感されて

週に一回のヨガのレッスンが楽しみになっています・・・




よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ご訪問ありがとうございます






今日の庭
お日さまが顔を覗かせるだけで、秋の一日が素晴らしいものとなります。
気持ちが良いですね~  バラも気持ちよさそうに咲いています。
今日は久しぶりに、乳酸菌培養液をドボドボと撒きました・・・


クレアオースティン
e0288951_14212490.jpg



ナエマ
e0288951_14215583.jpg



アブラハムダービー
e0288951_14222094.jpg



昨日の夕日
e0288951_14225752.jpg



昨日の四日月と金星
e0288951_1423281.jpg




by gutsuri | 2013-11-08 15:34 | 介護 | Comments(0)