食事中に咽って吐く・・・初めてのこと・・・

昨日、食事を大体終えたころ、母が急に咽ってきました。

食事中も時々咳き込んでいましたから

水などが気管支の方に入ってしまい、苦しいのかなあと思っていました。

たまにはこういうこともあるのです。

時間が経てば治るだろうと様子を見ていました。

しかし、時間が経っても、咽返りはだんだんと激しくなってきて

食べたものを、吐き出すほどになりました。

何かが喉のあたりに引っかかっているようで

それに痰の絡みも加わって、身体全体を使って咳き込んでいます。


誤嚥による肺炎で、お亡くなりになる高齢者が多いことを

そのとき思い出しました。

まさか、そのようなことで?などと、余り知らない私は思っていました。

私たちも慌ててお茶などを飲み込んだ時に

お茶が気管支の方にいくと、苦しい思いをします。

本当に苦しいですよね~

でも落ち着いて食事をしているときには、誤嚥は起きません。

身体はちゃんと働いています。


母はそのあと、3回ほど吐いて、食事をほぼ戻してしまいました。

その吐き出す時に、喉に絡んだものも一緒に

上手く出てくれればよかったのですが・・・

どうなったのでしょうか・・

でも、そのあと咳はしていましたが、落ち着いていましたから

ひとまず大丈夫だと思いました。


飲み込むということ。

余りにあたりまえのことで、飲み込むこと自体を、考えたこともありません。

何ということもなく、自然体で、私たちは毎日、何回としていることです。

私たちの身体は、本当に上手くできているのですね。

有難いことです。


でも、老いと共にだんだんとその働きも落ちてくるのでしょう。

むせったことは、母は何度もありますが

咽ったことで吐いたことは今回が初めてです。

今日の食事の時には

「少しづつ、ゆっくりと、よく噛んでね」と言ったら

母は昨日のことが懲りているようで

「本当にその通り、少しづつよく噛んで・・」

と何度も繰り返していました。


土曜日のリハビリのポーズの母の元気さに驚いたり

昨日は、身体は年齢と共に衰えているとわかったり

そういうことを繰り返しながら

日々を過ごしていくのでしょうね・・・


よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ



ご訪問ありがとうございます



今日の庭
塩害にあった木蓮の葉が落ち始め、一ヶ月早い落ち葉ひろいをしています。
ご近所の彼岸花がきれいでした。今日は秋分の日ですね。

イモーションブルー
e0288951_14522963.jpg
スヴニールドゥラマルメゾン
e0288951_14525638.jpg



トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/21105227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2013-09-23 14:58 | 介護 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri