百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

台風一過、

今日は素晴らしいお天気ですね。

私が住んでいるところは

今回の台風は、雨が少なくて、風もそれほど強くなくて

本当に助かりました。

台風の進路からずれたようです。

昨日は夕方は、水で洗い流しましたよ。

台風の後は、いつものことなのですが

窓という窓は全部、ホースで勢いよく水道水をかけ

塩を洗い流すのです。

次には、バラの枝に次々と真水で洗い流しました。

そして、台風対策として結んでいたひもをほどきました。

塩でやられて、縮んだようになっていた葉や茶色に変色した葉は、少しでした。

蕾もすべて取りきれなくて、残しておいたものもあったのですが

大丈夫そうでした。

これから咲いてくれるかもしれません。

思いがけなくほとんどのバラの枝が元気だったので嬉しくなりました。

夕暮れが余りにもきれいだったので、写真に撮りました~
e0288951_15132532.jpg

昨日は午後入浴の日でしたが

台風の勢力が増したとの報道を耳にしましたから変更をお願いしました。

ということで、今日の午後は、往診、リハビリ、訪問入浴の予定になりましたから

母にとっては忙しい午後になります。

今、母はお昼寝タイムで、私はいつもこの時間にブログを書いています。

昨日が敬老の日だったからなのでしょうが

今日、市から百歳のお祝いの品が届きました。

内閣総理大臣からの賞状と銀杯、

そして市からは、毛足の長い敷き毛布です。

本当に立派な敷き毛布なので、有難いことなのですが

残念ながら母には使えません。

母は紙おむつをしていますし、

床擦れ防止用のハイテクエアマットを使用していますから

このような毛足の長いシーツは使うことが出来ないのです。

残念ですね・・・・

他の人に際あげるものって、難しいことですよね。

百歳の高齢者が身近にいる人なら、良くわかっていますが、

そうでない人は、なかなかわからないものです。


老化もそうですね。

自分がその歳になって初めて気が付くことがたくさんありますから

私も大きなことは言えません。

母をそばで見ていて、老いていくことがどのようなものか、ようやく理解できますが、

老いていく人の心が、どのようなことを感じているのかは、

その歳になってみないとよくわからないことです。

みんな、みんな、同じ方向に向かって歩いているのですが、

先のことは、そこに辿り着いてからようやくわかるのですからね。

表彰状と銀杯を見て、母はとても喜びました。

私も嬉しかったです。

母が百歳を迎えたことが実感できました。



よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ご訪問ありがとうございます



今日の庭
今回の台風は塩害は余りなかったようで助かりました。まだわかりませんが・・
一週間くらいして出てくるときもあるのですよ。
残っていた蕾が咲いていました。

クイーンオブスエーデン
e0288951_16112352.jpg

フェリシア
e0288951_1612457.jpg


Commented by Julia Kerry at 2013-09-17 23:58 x
こんばんは~♪

うちも同じでした、地域からの贈り物が です。
うちは温度計湿度計時計の付いたものでした。
携帯電話の半分の大きさで
とても数字が小さくて
私でさえも老眼鏡を取り出さなければ読み取れません。

頂いて中身を見たとき、
思わず苦笑してしまいました。
私用にもなりません。
独り暮らしのお年よりは多分使わないでしょう とも。

それでも お祝い という形なのでしょうね。

台風が去った後の夕暮れを私も眺めました。
まさにお写真のように美しかったです。
Commented by gutsuri at 2013-09-18 13:32
Juliaさん、こんにちは。

気持ちの良い日ですね~ 爽やかです。
動くと汗ばみますが、それがまた、快感だったりします。

私は、アマゾンで面白そうな本を見つけて買ったのですが、文字が薄いグリーンで書かれているところが多くて、即ゴミ箱入りになりましたよ。
本を書かれた人は40歳くらいですが、出版に関わった人たちも皆さん、老眼に縁のない方たちばかりだったのだと驚きました。それとも読者としてのターゲットを若者に絞っているのかもとも思われますけど・・・
はい、こちらは昔の若者ですが・・・

母は、時計は昔の文字盤の時計が好みです。というか、デジタルの数字はただの数字で、あれが時刻だとわからないようですね。温度、湿度、時刻が並んでいて、どれがどれだかよくわかっていません。そして20時って一体何時なの?ですから・・・以前は理解していましたけどね。
私は、300円ショップで、わかりやすい文字盤のシンプルな時計を母に買いました。壁にかけてあります。読みやすくて便利ですよ。
高齢者がそばに居るといろいろ気が付きますが、ある日それが自分のことだったりして・・・時間は流れていますね~
by gutsuri | 2013-09-17 16:22 | 自然とのつながり | Comments(2)