百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

人間にとって成熟とは何か

先日、母の希望で本を買いました。

「人間にとって成熟とは何か」です。

新聞に大きく広告が出ていたのと

広告の中の曽野綾子さんのお顔に惹かれたのだと思います。

数日かけて読み終えたようです。

初め、目次だけに目を通したときには

「え~、そう?」などと言いながらも

本文は、真剣に読んでいましたよ。

どの程度、理解できたのかはわかりませんが

興味を持って本を読んでいるのは、嬉しいです。

今の母の理解力を持って、本の中身を消化したのでしょう。

私たちもそうですよね。

知らないことは、わからないですから・・・

最近の母は、頭の中の回線が、繋がっていたり、外れていたりが半々です。

でも、いつ繋がっていて、いつ外れているのかは、さっぱりわかりません。

わかっていないだろうなと思って話すと、意外にわかっていたり

その逆だったりと、予想は外れることが多いです。


歳を重ねるごとに、少しずつボケていく・・・

これって案外、理に適っているなと思ったりしています。

身体全体の働きが落ちてくると

それに相応して頭の働きも落ちてくる。

それで上手くいっているのかなあ・・

これからが本当の高齢化社会になりますね。

みんなそれぞれの思いを秘めて

老化と向き合うことになりますね。

親の老化だったり、自分の老いだったり・・・

どんと来いですよね。

老いも老化もまとめていらっしゃい。

どうぞ、待っていますから・・・


クリックをお願いしますね
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





こちらにもクリックを!



今日の庭
猛暑が戻ってきました。
でも、ちょっとカラッとした暑さなので救われますね。ボチボチとバラが咲いています。
お手入れはしていません。花殻を切るだけです。


ナエマ
e0288951_1613189.jpg
ヘリティッジ
e0288951_16133344.jpg

by gutsuri | 2013-09-01 16:23 | 長寿 | Comments(0)