イチジク

大きめの鉢でイチジクを育てています。

e0288951_1150255.jpg


イチジクが色づいてきたので、収穫しました。

たったの2個ですが、嬉しくって、さっそく神棚にお供えしましたよ。

私はイチジクが大好きです。

実ったイチジクは、スーパーで売っているような特大サイズではありませんが

お味は濃くて、クリーミーで、甘くて

独特の舌触り、あの粒々感、懐かしさがたっぷり

瞬時に子供のころに戻れます。

子供のころは、洗いもせずに、もぎ取ったものを手で割って

パクパクと食べて、皮をポイと捨てていましたね。

捨てたものは肥料になったでしょうか・・・


今年は初夏のころ、小指の先ほどの小さな実のときに

20数個まで数えましたから、これは豊作だと楽しみにしていました。

が、大きくなった実を確認できたのは、10数個です。

これでも満足です。

あと幾つか、美味しいイチジクが食べられそうです。

去年は、8個の収穫でしたから、少し増えましたね。

枝が育つと、もっとたくさん生るのでしょうか。

楽しみです。

イチジクにも、乳酸菌をドボドボ掛けましたから

そのおかげもありますよね、きっと。


母は、とても有難がって、めずらしいと言って、喜んで食べました。

果物は、贅沢な食べ物だと、思っているようです。

10時のおやつに季節の果物を食べていますが

貴重な品を戴くという感覚です。

有難いと言って、味わって、神妙な顔をして食べています。

今の時代は、スーパーに行けば

きれいで美味しい果物が、山積みになっています。

珍しい外国の果物さえ手に入ります。

便利な世の中になったものですね~


母が喜ぶので、おやつは果物にしています。

おやつが果物なら、ヘルシーですよね。

気持ちだけ、ダイエットしています・・・


クリックをお願いしますね
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ









今日の庭
手を掛けないローメンテナンスの庭つくりを目指しています。
朝、写真を撮るとき、バラたちに声をかけています。
「おはよう」 「暑いわね~」 「元気?」などなど・・・
手は掛けないけれど、声掛けはしていますよ~
バラは、声に応えてくれているようです・・

シャーロット
e0288951_11545777.jpg
ペッシュボンボン
e0288951_11561152.jpg
ジュビリーセレブレーション
e0288951_1156495.jpg
クイーンオブスエーデン
e0288951_11574372.jpg
エブリン
e0288951_11582456.jpg
ヘリティッジ
e0288951_1264452.jpg

e0288951_123622.jpg



トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/20964371
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Eriko at 2013-08-24 09:03 x
イチジク。懐かしいです。実家の庭にもありました。きっと今もあると思います。この間帰ったときには気をつけてみませんでした。今度見てみて味わってみます。家で丹精したものってとっても美味しいですよね。
母が主に野菜や果物の一部を育てているのでよく送ってくれます。実家ではキッチンで”あれがないね”というと、たいてい父が取りに行ってくれます。そしてもぎたての新鮮野菜をすぐ調理。考えたら凄く贅沢なことですよね。子どものころは気がつかなかったけど。家で育てたものは優しい、甘い、濃い味がします。
Commented by mtake-0618 at 2013-08-24 10:00
おはようございます!
時々こちらに遊びに来させていただいて、元気をいただいています。
実は今年の元日に親戚の者が倒れて、一時心肺停止の危機でICUに入り、覚悟をしていましたが、奇跡的に助かり、初台のリハビリセンタを経て、1週間前に退院できました。
人間の強さ、可能性、そして医療のすごさに思い知らされたこの8か月でした。

イチジク美味しそうですね。
栄養もたくさんあって、お母様のおやつには最適ですね。
私も大好きです。
カルパッチョの魚で包んで食べたら、これも何とも言えなく魅力的な味でした。

暑さの中バラが元気に咲いています。けなげですね。

こちらのブログで教えていただいた乳酸菌作ってみました。
夏の暑い時期は避けたほうが良いですね?
Commented by gutsuri at 2013-08-24 15:34
Erikoさん、こんにちは。

故郷でお盆休みを過ごされて楽しかったことでしょうね。

自家製の野菜、摂りたての野菜は、「生命を戴いている」という感覚がします。有難いと感謝していただきます。お店で買ってきたものと一味違うのは、そこにはまだ、生命が宿っているからなのでしょうね。
Commented by gutsuri at 2013-08-24 15:52
ミーマさん、こんにちは。

良かったですね。一命を取り留められたのですね。
皆様の祈りが届いたのですよ、きっと。祈りというのは、実際に効果があると聞いています。皆様の思いが強くて病に勝ったのです。本当に良かったですね。
そして、臨死体験をされたお兄様。人生観が変わるくらい凄いものだったのではないでしょうか。きれいなお花畑だけではなかったことでしょうね。
生命の不思議、肉体と魂、神とは、生きるとは等々いろいろと感じられたことでしょう。

乳酸菌を作られたとか・・・嬉しいです。お仲間が増えました。
夏は乳酸菌が活発になるので、撒いて下さい。まず、庭に水をたっぷりと撒きます。そして、バラの根元に乳酸菌の原液をドボドボと撒くだけです。たっぷりと撒いてください。
乳酸菌は温度と水があれば活発に働きます。夏に始めるのは良いと思いますよ。秋バラがきれいに咲くことでしょうね。
by gutsuri | 2013-08-23 12:08 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(4)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri