百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

汗は毒出し

母は毎日、午前中の1~2時間

低周波治療器を使って足を刺激しています。

午前中は、新聞や本を読んだりしていますから

低周波の心地よい刺激を足に感じながら

良い気分で

読書をしたり、たまにはテレビを見たり・・・

午前中は、リラックスタイムなのです。


最近、母の身体の動きが良いと

リハビリの先生やヘルパーさんに言われています。

そのことをはっきりと示してくれるのが

低周波治療器の目盛りなのです。

目盛りが6まであり、0.5刻みになっていますから

12段階で、刺激の強さの調整が出来るのです。

母は使い始めはもっとも高い目盛り6でした。

今は4の目盛りで十分です。

母の足の指が刺激を受けて、ちゃんと動いていますし

ふくらはぎや脛の筋が、びりびりと振動しています。

私がこの低周波治療器を使う時には、3とか3.5の目盛りですから

母は、私と同じくらいの刺激で

十分に身体が反応していることになります。

動いていない足が、適当な刺激を受けて

それなりに反応して

その反応が、身体全体にまでも伝わって行き

老いた身体は、その伝わってきたもので、活性化している。

身体全体に、良い影響をあたえている。

これは私のただの思い込みですし

そうなっていればいいなという願望でもあります。

ただ、母の身体の調子が良いのは本当ですから

その可能性はあるかもしれません。



今日は、手元の温度計が、32.1度です。

日本は、春、夏、秋、冬と四季の巡りがあります。

この四季の変化の中で

日本に生きているものすべてが

その変化に応じて、生きてきたのです。

暑い夏も、寒い冬も、生命力漲る春も、収穫の秋も・・・

暑い夏には、たくさんの汗をかきました。


ジムのクラスで先生が話していたのを思い出します。

汗には二種類あって、さらっとしたのと、ねばっこいのと。

時間をかけて出した汗は、ねばっこくて

身体内の毒素を排出しているのだそうです。

一年間の毒素を、汗と共に排出する。

夏は毒出しの季節ともいえるのだそうです。


私は暑さ慣れをしていますから、大丈夫ですが

暑さに弱い方は、本当に、お気を付け下さい。

涼しいお部屋で、のんびり過ごすのが最高の気分だったら

それが正しいのですよ。

気分が良くて、気持ちが良いこと。

これに勝るものはないです。

母も涼しい部屋でのんびりです。


クリックをお願いしますね
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

今日の庭
今朝は、急いで写真を撮って、花がらを摘んで、家の中に入りました。
水は、鉢植えのバラだけにさっさ。これで終わりです。
バラは咲いています。元気がいいです。
毎朝、バラに元気をもらっています。
この暑さでこんなに咲いているのですものね。
私も暑さには強い方ですが、我が家のバラたちには、敵いません。

ヘリティッジ
e0288951_1537496.jpg
ペッシュボンボン
e0288951_1544321.jpg
コンフィデンス
e0288951_15464725.jpg
マリアカラス
e0288951_15474230.jpg
アンブリッジ
e0288951_15482911.jpg
シェイクスピア
e0288951_1549739.jpg
マルガリータ
e0288951_1549561.jpg
私はイチジクが好物です。収穫が楽しみです。
e0288951_15503157.jpg













by gutsuri | 2013-08-12 16:09 | 健康 | Comments(0)