百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー

うわ言は本音かしら・・・

月曜日はマッサージと訪問入浴の日です。

それ程暑くもなくて、母の体調は良好です。

お昼に来られたマッサージの先生は

「足が高く上がります。膝の浮腫みもありません。体調がよいですね~」

このようにおっしゃいました。

そうなんですよ。

一時の心配はどこへやら、お世話に来て下さる皆さんが

「絶好調!」と言われます。

関節の動きも膝の状態も良好なのだそうです。


2週間前の15日、母が息も絶え絶えになった日のことです。

私の問いかけに、母は応えようとするですが

話をするどころか、声を出すこともできず

私は母の荒い呼吸を見守っているだけでした。

そのような中で、何かの拍子に、声を出して

「お風呂には入りたくない。入浴は嫌だ。」とはっきりと言いました。

それを何度も言ったのです。

うわ言ですね。


母は忍耐強い性格です。

この年代の人は、多くの人がそうなのでしょう。

そして、周囲に心配を掛けたくないと思っています。

嫌だと感じたことでも、自分の中で処理できるのです。

考え方を変える、物の見方を変える、それが出来て

そして、そこに喜びを感じるのです。

感情の処理の仕方も上手いのだと思います。

いつもそのように、カッコいい訳ではがありませんが

基本路線がそうで、母はいつもその上を走っている人です。


荒い呼吸の中で、夢うつつ、意識が薄れた中で

母の本心が暴露されたのかなと私は考えました。

このように何度もうわ言を言うほど

訪問入浴が母の負担になっていたのかと

いろいろと思いを巡らせてしまいました。


寝たきりだって汗をかきます。

クーラーをしていても、身体は代謝をしています。

入浴は床ずれ予防にもなれば

看護師さんの眼で、母の全身にチェックが入ります。

確かに3人の方にお風呂に入れていただくのは気が引けますが

それでも、部屋で入浴をする方法では

最善のやり方で行われているのです。

母はそれが理解できていると思っていました。

弱音を吐く人ではありません。

入浴でお世話になっている方々には

母なりに、年相応のボケを考慮しても

それなりに、接していたのですよ。


今日の入浴の後で

「お風呂はとても気持ちが良かった」と母が言いました。

本当に気持ちよさそうに、お風呂が良かったと話していました。

今日の言葉は、真実のようです。

心からそう思って、話している言葉でした。

周囲に心配を掛けまいとして言った言葉ではなくて

お風呂が気持ち良くて、心から有難いという気持ちが溢れ出ていました。


良かったわね~ 気持ち良いお風呂に入れて・・・

あのうわ言は、あの日はお風呂に入りたくない、という意味だったのよね。

きっと、そうなのよね~


扶美さん、百歳になったら、そんなに頑張ることもないのよ~

嫌なことは嫌と言っていいのに・・・

でも、それが通るとは限らないけれどね。

一応は考えてみるから・・・


表現していいのよ。

生きているのだから・・

何か気になることがあったら

伝えてちょうだいね。

二人の意見がいつも同じだとは限らない。

でも、そこが面白いのよ。

喧々諤々、やりましょうよ。

意見の交換も、たまにはいいものよ~


夕食の後、スーパーへ買い物へ。

若い男の人から「こんばんは~」と声を掛けられ

「え!私、若い男の人の知り合いいたかしら?」と思って顔を見たら

マッサージの方でした。

このようなちょっとしたことでも

気分は、ルンルン!




ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ






今日の庭
バラが咲いています。同じようなバラばかりですね・・・
あちらこちらに雑草が目につきます。草抜きをしなくてはなりません。
日陰にゼニゴケが蔓延っていました。お酢で処理します。
以前に、消毒、木酢液、ニーム、お酢など、何も使っていないとかきましたが
ちょっと訂正します。ゼニゴケにお酢を使っていました。忘れていましたよ。
ゼニゴケにはお酢が有効なのです。たまにスプレーしています。
ゼニゴケに、お酢の原液をスプレーすると、すぐに枯れます。百円ショップで買った霧吹きに
お酢を入れて、ゼニゴケにスプレーしています。半日くらいで、枯れてしまいます。
醸造酢、米酢は有効ですが、ポッカレモンは効きませんよ~


マリアカラス
e0288951_145174.jpg



グラミスキャッスル
e0288951_14515170.jpg



クイーンオブスエーデン
e0288951_14523053.jpg



ナエマ
e0288951_1453776.jpg



シェイクスピア
e0288951_14534079.jpg



イモーションブルー
e0288951_14542256.jpg



モナリザの微笑み
e0288951_145523.jpg




e0288951_14553995.jpg





こちらのランキングにも参加しています。
クリックをお願いします。






Commented by blaise-photo at 2013-07-30 23:06
こんばんは
自分に置き換えてみれば少しは理解できますね
排泄にしても入浴にしても
第三者にお世話をしてもらうなんて!と思ってしまいます
バイタル的に問題がなくても、精神的には問題があり
苦痛と考えるのも当然のことのように思います
でも難しいですね・・・立場が違うわけで思いが全て一致するわけではないでしょうからね
Commented by mie at 2013-07-31 10:05 x
良かった・・・

暑い中 大丈夫かと気持ち そちらへ行ってます^^
でも 良かった 
いずれ 私たちも通る道
お母様のように 周りの皆様に支えられて生きれば
なにもいらない  そう思えます
遠い北海道から 今日も元気で!と声かけてます^^
Commented by gutsuri at 2013-07-31 10:57
blaiseさん、おはようございます。

歳を取ったとき、高齢で元気に過ごしていたとしても、やはり、人のお世話になることはあるのでしょうね。でも、友人でピンピンコロリを目指している人がいますよ。
先のことはわかりませんし心配をしても仕方ありません。ただ、実情を知っていると参考にはなりますね。いざという時に・・

Commented by gutsuri at 2013-07-31 11:04
mieさん、おはようございます。

そうですね。いずれ通る道かもしれませんね・・・

その道が楽しいものであるように、今から準備しておきますか・・・何の準備でしょうね・・・
気持ちでしょうか、それとも・・
by gutsuri | 2013-07-30 16:01 | 介護 | Comments(4)