虫や雑草も身近な自然・・・

7月になって、本を2冊読みました。

本と言っても小さなもので、読むのに時間がかかりません。

一つは木村秋則さんの「奇跡のリンゴ」。

もう一つは「虫といっしょに庭づくり」(オーガニックガーデンハンドブック)です。

2冊の本に共通していたことは

・昆虫を排除するのではなくて、活用すること

・雑草には雑草の役目があること

・植物を活性化させる、生き生きとさせる、植物が持てる力を存分に発揮できること

この3点に関して同じでした。


このところ、毎日、一時間くらい、庭に出ています。

バラを眺めていたり

花がらをとったり

虫をやっつけたり

水遣りをしたり

雑草を抜いたり

枝を落としたり

乳酸菌を撒いたり、スプレーしたり・・・

この「ねずみのおでこ」ほどの小さな庭でも

することがたくさんあります。

そのようなことをしながら

私の五感を刺激するものに

心地よさを感じて

まるで大草原の中にいるような

奥深い森林の中に立っているような

不思議な感覚にとらわれます。

バラの花や枝や葉っぱから

小花から、草から、虫から、風から

そこには小さいながらも

母なる自然のミニチュアがあって

私たちに何か大切なことを気づかせてくれるものが

しっかりと、存在します。


花や葉や樹液が好きな草食昆虫。

草食昆虫を食べる肉食昆虫。

私たちは、草食昆虫を害虫として、肉食昆虫を益虫としています!

草食昆虫が、私たちの大切な花を食べないように

他に何かの食べ物、花や葉を用意しておく手もあるそうですよ。


大切なバラの花が、虫食いになってしまうのは残念なので

虫さんにも何か食べ物があるように、少し植えていますよ。

虫さん用にね。

でも、それを私が食べるときもありますけど・・・


哺乳類が誕生する以前から

花と虫は深い関係で結ばれていて

お互いがお互いの役に立つように

相手を尊重している間柄です。

人間がちょっと邪魔をしたくらいでは

その仲を引き裂くことは、難しいでしょうね。


私は時々、自前の乳酸菌培養液をスプレーするのですが

その時に、素晴らしい自然の芸術作品にお目にかかれます。

小さな真珠を散りばめたような

繊細な蜘蛛の巣が浮かび上がるのです。

乳酸菌の水滴が、蜘蛛の巣全体を輝かせていて

その巧みな造形物を

煌めくばかりに飾り立てています。

蜘蛛の巣は天然の防虫網です。


昨日から、朝、母の部屋の空気を入れ替えたら

そのあとクーラーをつけています。

すると以前と同じになりました。

午前中は読書の時間なのです。

居眠りは止めて、雑誌を読んでいます。

クーラーが快適のようです。

暑いと疲れますよね~


ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ



アブラハムダービー、春ほどの豪華さはありませんが、次々咲いてくれます。
e0288951_1557171.jpg


グラハムトーマス、あまり条件の良いところにいないのですけど・・(鉢植えで日陰)
e0288951_15571354.jpg


シャンタルメリュー、花が少しづつ大きくなりました。本来のゴージャスさはまだですが・・
e0288951_1558198.jpg


シェイクスピアらしさで咲いています。
e0288951_1558136.jpg


ケルビーノ、しっかりとして逞しいです。
e0288951_1559847.jpg


ナエマ、今まで高過ぎて写真に撮れませんでした。低いところで咲いてくれました。
e0288951_15593737.jpg


強烈な日差しに強い最強コンビ、パパメイアンとノスタルジー
e0288951_160465.jpg


e0288951_1603666.jpg



こちらにも参加しています。
クリックをお願いします。






トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/20787812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by アキ at 2013-07-12 19:10 x
gutsuriさん、こんばんは。
いつも色んな種類のバラを育てていらして、素敵だなと思いながらブログを見ています。

私の母は朝顔展に出す朝顔に力を注いでいます。

私も花を見るのは好きですが、虫が苦手で育てるまでには至りません。

でも、いずれは自分で植物を育てられたらと思っています。

ところでお母様、調子を戻されて良かったです。

この猛暑、誰でも調子を崩しますよね。

色々考える事はありますが、快適に過ごせるならクーラーをつけたら良いと思っています。
健康には代えられないですし、省エネは他ですれば良いですもんね('∀'●)

うちの祖母も涼しい中だと過ごしやすいようで、様子を見つつクーラーを利用しています。
Commented by gutsuri at 2013-07-12 20:10
アキさん、こんばんは。

朝顔展ですか・・素敵ですね。
以前に「天上の青」という名前の朝顔を育てたことがあります。
それは綺麗なブルーでした。
朝顔もいいですね。スペースがあれば育てたいですよ。

母は26度でちょうどいいみたいです。就寝時は28度にしますが・・もともと暑がりの人でした。
寒くない?と何度も聞くものだから、うるさがられていますよ。
おばあさまも快適に夏を乗り切れそうですね。
by gutsuri | 2013-07-12 16:23 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(2)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri