月の引力

6月23日の満月は、スーパームーンでした。

私の住んでいるところでは、残念ながら、滲んだ月が浮かんでいました。

墨が滲んだようなお月さまでした。

時間をおいて観察すれば、スーパームーンが観れたのかもしれません。

月は楕円軌道を描いて地球の周囲を回っています。

その楕円軌道の地球に一番近いところに来た月が満月であれば、

スーパームーンなのだそうです。


私は海に近いところに住んでいます。

海辺を散歩するたびに、また、海岸線を車で走るたびに、

波打ち際の位置が、浅くなったり深くなったり、変化することがわかります。

「月の引力が潮の干満を起こしている。」

小学生でも知っていることです。

でも、毎日その変化を目にしていると、

実感として、お月さまの存在が、自分にとって大きくなってきます。

夜に月を見上げたり、月について考えたり

身近なものとしてお月様を捉えるようになりました。


海の干満は月の引力によるもので、

海の生き物の生態は、月と大きく関わっています。

そして、満月と新月のとき、潮の満ち引きの差は、最大になります。

これだけ月が、海に大きく影響を与えているのならば、

身体の70%が水である人間にも月はやはり、かなりの影響を与えていると考えるのが、自然かもしれません。

私の本棚には、「月の癒し」、「月のリズムで暮らす本」など、

随分前に買った本が並んでいます。

これらによると、昔の人は、洋の東西を問わず、月の影響を十分に理解していて

日々の暮らしに月が関わっていたと言います。


自然を感じようとすると、自然は応えてくれるように思います。

月も太陽も、ちょっと見上げれば、そこにあります。

雲に隠れていても、雨が降っていても、太陽と月はそこにあります。

太陽と月は、誰にでも平等に笑顔を見せてくれるものです。

今日のお日さまと同じで、母も笑顔です。

嬉しいです。


ご訪問、ありがとうございます。在宅介護ブログランキングに登録しました。
応援のワンクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ



今日の庭から。
イモーションブルー(雨で花びらが痛んでいます)、ヘリティッジ、ダービー
e0288951_14485298.jpg

ケルビーノ、マルガリータ、シャーロット
e0288951_14491226.jpg


パパメイアン、マルゴコスター、モナリザの微笑み
e0288951_14493055.jpg



こちらの高齢者介護のブログランキングにも参加しています。
応援のクリックをお願いします。一日ワンクリック有効です。






トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/20725484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2013-06-29 15:30 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri