百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

バラも応援してくれる

一日に何回か庭に出ます。

花がらを切ったり、蕾の様子を見たり、

最近は黒点病が気になったり、乳酸菌をドボドボとバラの根元にかけたり、

乳酸菌を葉にスプレーしたり、虫の様子を見たりしています。

そこは一つの小さな世界です。

ホントに笑ってしまうほどのちっぽけな世界なのですが、

そこにいると、不思議と落ち着いてきて、

そこが私にとっての全宇宙のような気がしてきます。

数日前に、クレア・オースティンの蕾を見つけて驚いています。

昨年は梅雨時には、このバラは休眠状態でした。

つぼみをつけることもなく、ひっそりとしていたのです。

他のバラは、梅雨時でも、チラホラ咲いていましたが、

クレア・オースティンは、お休み状態でした。

それが幾つか蕾を付けて、2~3日のうちには咲きそうです。
e0288951_15312374.jpg
庭に乳酸菌を撒きはじめて1年になります。

去年のバラに比べると、たくさん、大きく、長く咲き、

虫や病気に強くなり、色鮮やかに咲いているように感じるのは

気のせいだけではないように思います。

乳酸菌を作っているときの私の手間(まあ、エネルギーとも言えますねえ)が、

バラたちに届いていると思っている幸せ者がここにいます。

何かにちょっと手を掛けたときのエネルギーって、

それは、相手に届くものなのかもしれません。

良く咲くバラを見て、そのように思ってしまいます。

バラの花から、母も私も元気をたくさんもらっています。


ご訪問、ありがとうございます。在宅介護のブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。一日ワンクリック有効です。



今日のバラ
レオナルドダヴィンチ、モナリザの微笑み、エブリン
e0288951_15543652.jpg


シャーロット、ヒリンドン、シェイクスピア
e0288951_15545640.jpg





by gutsuri | 2013-06-23 16:26 | 介護 | Comments(0)