百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

自分の意思で身体を動かす

ベッドの上で24時間を過ごすようになって、半年が経ちました。

初めのうちは、腰が安定していたので、

食事をしたり、テレビを見たり、本を読んだり、

それほど心配することはありませんでした。

身体を起こしていられたのです。

それほど苦労をしている様子もなく、食事やテレビや読書をしていました。

そのうちに、寝ている状態から、上半身を起こす時、

腰が痛いと言うようになりました。

上半身を起こすときだけでなく、下げるときも、腰が痛いと言います。

寝たきりで身体を動かしていませんから、

だんだんと腰が固まってきているようです。

ヘルパーさんは、左を向いてください、こちらに向いてください、などと上手に声をかけて、

母が自分の意思で身体を動かすように、話しかけていらっしゃいます。

話しかけがとても上手なのです。

母はまだ、自分がその場でやらなければならないことを理解していますから、

気持ちよく話しかければ、動いてくれるのです。

最近は腰の安定が良くなくて、

上半身を起こしているときに、右に左に身体がずれていってしまいます。

身体が斜めになってずれていくのです。

身体全体の筋肉が衰えているのがよくわかります。

ヘルパーさんのように、自分で身体を動かすように話しかけると、

素直に両側の手すりを持って、身体の位置を移動させていました。

少しですが、まだ動かすことができます。

優しく、温かく、ゆっくりと見守る。

はい、日々、母から教わっています。



在宅介護 ブログランキングへ


昨日は、久しぶりに、本当に久しぶりに、レストランに行きました。

毎年、父の日が近づくと、来てくれる子供がいます。

昨日は夫婦で来てくれました。4人でレストランに行きました。美味しかったです。

私はイチジクとカニの前菜、メインはホロホロ鳥です。

家でコーヒーを飲まない私は、コーヒーも何か月ぶりかでした。身も心も満足の一日でした。

e0288951_16161159.jpg

庭のバラ
e0288951_16175746.jpg




Commented by Eriko at 2013-06-16 22:41 x
海の一望できる素敵なレストランですね。
記念日に一緒にお祝いできる人のいる幸せ。
最高ですね。
私も父に何か送ろうと思いましたが、もうすぐ帰るし顔を見せるのが一番と思ってその時渡そうと思ってやめました。
Commented by blaise-photo at 2013-06-16 23:08
こんばんは
目の前が海というステキなロケーションのレストランで食事をされたんですね
食器なども海のイメージで統一されてますね
Commented by バーバ at 2013-06-17 08:31 x
ランキングからお邪魔してmyお気に入りに登録させていただきました。
ランキングに登録されなかったらこの素敵なブログのことも知らなかったと思いますのでランキングってありがたいですね。
それではご挨拶まで。
Commented by gutsuri at 2013-06-17 10:53
Erikoさん、こんにちは。
遠くにいればプレゼントですよね。メッセージを添えて・・・

3人の子供たちは、それぞれ違っていて面白いです。
この子は、時間を共有するのが一番と思っているようです。

こうでなくてはならないなんて思わずに、それぞれの違いを認めることが出来る。
これも介護のおかげかと思っています。
Commented by gutsuri at 2013-06-17 10:57
blaiseさん、こんにちは。
ここは海の眺望が素晴らしいです。
家から歩いて行けるのですよ。
この日は暑いから車でしたけど・・・
今の時期は富士山は見えません。
暑くなると、海は涼を感じさせてくれます。
海は広くて大きくて、私たちを包んでくれます。やさししくね。
気持ちがリセットされるんですよ。
Commented by gutsuri at 2013-06-17 11:04
バーバさん、こんにちは。
ご訪問下さってありがとうございます。
ブログランキングに登録して良かったです。
拡がりました。
これからもよろしくお願いいたします。

母は来月百歳になります。
一区切りです。
でも、そのあともありますからね。
介護って、奥が深いですよ。
すべて自分に返ってきます。
私達もみんな、同じ方向に歩いているんです。
母が歩いている道を、私達みんながそのあとを歩いているのです。
そう考えると、すべて自分に返ってくるような気がしています。
初めて出くわすことばかりで、アタフタの毎日なのですよ。
また、コメントを下さいね。お待ちしています。
by gutsuri | 2013-06-16 16:50 | 介護 | Comments(6)