百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

幸せを感じる心

月曜日は入浴の日です。

3~4人の方が来て下さって母を部屋の中でお風呂に入れて下さいます。

入浴の日にはシーツ類、肌着一式を取り換えてくださるので助かっています。

そして、母が裸になったときに、看護師さんによる身体のチェックがあり、

これがまた素晴らしいのですよ。

今日は、足の浮腫みについて一言ありました。

足を動かしていない、全身運動をしていない

そして高齢による代謝の悪さからくる諸症状、

皮膚のかぶれのようなもの、足全体のむくみなど。

これからこのような症状と向き合うことになること。

これらの症状と上手く付き合っていくやり方、

症状を抑えることはもう年齢的に難しいことなど。

このようなことをいろいろと教えて頂きました。

私も寝たきりの99歳の母に多くを望んでいるわけではありません。

ただ、花を見てきれいだと感じる心と持ち、

本を読んで面白いと感じる余裕があり、

気持ちの良い眠りに入り、美味しいと感じる食事が取れることなどが

日常の中にあればいいなと思っています。

ベッドの上で何かちょっと幸せだなと思う気持ちが浮かんでくれればいいのです。

今日は、「百歳が無事に迎えられそうだね」と母の甥から電話がありました。

大丈夫、迎えられそうです。


大きなバッタも応援に来てくれました。トノサマバッタですよ~
e0288951_18173360.jpg
ヤマミツバが庭にたくさん生えています。こぼれ種でどんどん増えます。バラに消毒をして
いないので、三つ葉のお浸しをよく作ります。ヤマミツバは茎が美味しいです。
e0288951_18195895.jpg

今日のバラ
フェリシア、フリュイテ、コンフィデンス
e0288951_18305149.jpg
マリアカラス、ヘリティッジ、ジュビリーセレブレーション
e0288951_1831441.jpg




Commented by blaise-photo at 2013-06-10 19:25
こんばんは
↓↑ともに美しい花がたくさん咲いて
お母さんを応援しているかのようですね
「きれい」や「面白い」「美味しい」などの言葉は
前向きな生を感じる言葉ですね
Commented by gutsuri at 2013-06-11 14:57
blaiseさん、こんにちは。
何かを感じるのは自然なこと。
でも、加齢による鈍感さが忍び寄ってくると、ぼんやりとしてくるみたいですよ。
母の場合は耳が遠いことも大きく作用しているかもしれません。
私にとっては、母が刺激の一つ、気づきの一つなんですよ。
by gutsuri | 2013-06-10 18:46 | 介護 | Comments(2)