介護の想定外とは・・・

今日はご近所のバラ友さんが来られました。

我が家のバラがきれいに咲いているところを見て下さって嬉しかったです

バラ友さんは一昨日、国際バラとガーデニングショウに行かれたそうです。

バラやお庭がきれいで楽しい時間を過ごせたとのこと。

ガーデニングショウの講師の方たちが気軽にお話して下さって

質問などにも丁寧にお答えくださったとか。

良かったですね。

夕方、私はバラの花を少し切り取りました。

庭がすっきりしました。

また、どんどん伸びて花を付けることでしょう。

アマリリスの蕾もグングン伸びてきてましたよ。


今日の夕方ヘルパーさんが帰られた後で、

「さあ、今までトイレを我慢していたからこれからトイレに行きましょう」と母が言っているのを聞いて、

私はあきれたり、感心したりと複雑な気持ちでした。

ヘルパーさんの前では、まだしっかりとしている自分を見せたいのですよね。

「ヘルパーさんはね、お世話をするために来て下さるのよ」と母に伝えました。

母はいつもは上手にヘルパーさんのお世話になっていて、

さすがだなと母のことを見直していたのですけど・・

たまにはこういうこともありますね。

そして、これから想定外のことがいろいろと起きてくるのかもしれません。

臨機応変で対処していくつもりですが・・・


アルバセミプレナ
e0288951_2015129.jpg


ペッシュボンボンが今きれいです
e0288951_20153290.jpg




トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/20495796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Eriko at 2013-05-15 23:02 x
八重の花びらのバラもゴージャスで素敵ですが、椿のような花弁の少ないバラも素朴で良いですね。
坂本龍一のピアノ作曲するようになって聴いたらなるほどって思うところもあるようになりました。この映像モノトーンで素敵ですね。今度こんなのを作りたいですね。
Commented by blaise-photo at 2013-05-16 00:40
こんばんは
アルバセムプルレナのシベの周りにある
小さくてくるりとカールした花弁になぜか魅力を感じます
Commented by gutsuri at 2013-05-17 15:09
Erikoさん、こんにちは。
このアルバセミプレナ、野バラのようなバラです。
可憐な花で、葉っぱの色が独特です。
同じ曲でも時間を経て聴くと印象が違いますね。
面白いです。
Commented by gutsuri at 2013-05-17 15:13
blaiseさん、こんにちは。
アルバセミプレナは本当に可愛いんですよ。
さりげなくやさしく咲いているところが・・
このバラはアブラムシが付きません。
by gutsuri | 2013-05-15 20:25 | 介護 | Trackback | Comments(4)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri