百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

マリア・カラス!歌手もバラも素晴らしい!

マリアカラスが咲きそうだなと思っていたら、今朝、咲いていました。

きれいに咲きかけたところを写真に撮ろうと思っていたのですが、

気温が高くなると、あっという間に開いてしまいます。

今年は本当にバラの開花が早くて、驚いてしまいます。

マリアカラスは我が家のバラの中で一番の古顔です。

我が家に来てから20年以上が経ちます。

毎年立派な花を付けてくれます。

その昔、ホームセンターでマリアカラスという名前を見つけてすぐに買いました。

私は歌手のマリア・カラスのファンで(ただのミーハーです)

苗屋さんでマリアカラスという名前を見つけて嬉しくなったのです。

我が家はあまり条件の良い庭ではないのですが、

それでも毎年きれいに咲いてくれます。

マリアカラスは、いわゆる「バラ色のバラ」ですね。

我が家のマリアカラスは香りが強くありません。

花が咲くとさすがに存在感があります。

やさしくもあって、逞しくもあって、その時の私の気分によって花の感じが違ったりします。

バラのマリアカラスを買ったころはよくマリア・カラスの歌を聴いていました。

そして、マリア・カラスの歌が好きでした。

きれいな声の歌手はたくさんいらっしゃいますが、

マリア・カラスの声は、CDで聴く限りは、やさしくて耳に心地よい声ではありません。

でも不思議と惹かれていきました。

マリア・カラスは大きなホールで声をきれいに響かせるように歌っています。

それを近くにあるマイクで録音すると、

余計なものまですべてマイクが拾ってしまい、

本来のマリア・カラスの歌ではなくなってしまうと思っていました。

まあ、引き算をしながら時には足し算をしながら、歌を聴いていたわけです。

大きなホールでもCD録音でも美しい声の歌手はたくさんいますけどね。

曲に対するアプローチも好きでした。

彼女の歌はシンプルですから、曲の聴き比べをするとそれがよくわかるのです。

今のようにYOUTUBEがありませんからちょっと大変でしたけど

歌の聴き比べは、なかなか楽しいものでした。

虹のように七色の声音を持って歌っているマリア・カラス。

強いところは強く、弱いところは限りなく弱く、魂を感じさせる歌。

幾つかのオペラに新しい息吹を吹き込んだ人。

自分の意思を貫き、直球の人生を生きた人。 

マリア・カラス

e0288951_16193218.jpg


清らかな女神(ノルマ)   ベッリーニ

Commented by Eriko at 2013-05-10 09:20 x
マリア・カラスって言うバラがあるんですね。
初めて知りました。彼女のように可憐で存在感のあるバラなんですね。
彼女の歌っている姿を動画で見ると更に歌に対しての情熱の入れ方が素晴らしいですよね。彼女の書いたオペラの歌い方という本が家にあって学生の頃よく参考にしていましたよ。どんなジャンルでもこなしてオペラ界にさんぜんと輝く存在なのですね。 晩年凄く痩せましたけど、この動画の写真はふっくらしていて美しいですね。なぜか美空ひばりと重なります。

素敵な歌をありがとうございました。
Commented by gutsuri at 2013-05-10 11:39
Erikoさん、こんにちは。
マリア・カラスの歌を聴いていると、いつの間にかその中に吸い込まれていて、違う次元にいる自分に気が付きます。魔法をかけられたようでした。
最近はオペラのアリアは少し重い感じがして(ストーリーもですが)余り聴きません。軽いものが好きです。
美空ひばりは本当に歌心のある人でしたね。人を惹きつける歌を歌っていました。凄いことだと思います。
by gutsuri | 2013-05-09 16:32 | ナチュラルガーデン | Comments(2)