百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バラと乳酸菌 2

家の北側にも、私はバラを少し植えています。

その一つジャスミーナは今年一番に花を咲かせてくれました。

桃色の可愛いバラです。

北側ですから陽当たりも良くなくて手入れも怠りがちになってしまいます。

今朝、乳酸菌培養液をいつものようにドボドボとかけながら注意して見ると、

どうも黒点病のような黒い点が葉っぱに付いています。

この春は強風続きで、葉が痛んで変色しているものが多くて、

今まで黒点には気が付きませんでした。

そこで、黒点の付いている葉っぱを全部切り取ってから、

気休めにでもと、乳酸菌を霧吹きで全体に吹きかけておきました。

黒点病になると葉っぱが落ちていきます。

でも、良く考えてみると、あわてることではないと気が付きました。

たとえ葉っぱが落ちても、根っこがしっかりと張って丈夫な木に育っていれば

落ちた葉っぱを補うように次の葉っぱが出てくることでしょう。

新しく葉っぱが芽吹いてくれれば大丈夫でしすよね。

大地に深くしっかりと根を張ったバラを育てれば良いのです。

黒点病にもうどん粉病にもそれほど神経質にならなくてもよいと思いました。


左から芍薬、アンブリッジ、グラミスキャッスル
e0288951_20481046.jpg
イングリッシュローズはそれぞれ名前に由来があります。
アンブリッジはラジオ番組の舞台の田舎の村の名前で、
グラミスキャッスルは「マクベス」の舞台だそうです。



e0288951_2195218.jpg



Commented by blaise-photo at 2013-05-01 22:19
こんばんは
アンブリッジというバラはオレンジがかった色と
花の形が好きで、写真に撮ったことがあります
gutsuriさんのブログで毎日バラの写真を拝見しているので
こちらにあるバラ園の情報が気になるところですが
もう少し先のようです

白いオダマキも清楚で素敵ですね
Commented by gutsuri at 2013-05-02 16:18
blaiseさん、こんにちは。
アンブリッジはコロンとした形が可愛いです。
良く香ります。
急な暑さや寒の戻りなどで植物も大変ですね。
我が家のバラは昨年よりかなり早そうです。
オダマキ、地面近くで咲くのでお顔が見れませんでしたが、これはちょこっと覗けましたよ。
by gutsuri | 2013-05-01 21:13 | ナチュラルガーデン | Comments(2)