冷たい雨、嬉しい雨

今日は冷たい雨が降っています。

久々のお湿りです。

植物にとっては嬉しい雨かもしれません。

先日、クリスマスローズの葉っぱがしおれているのに気が付いて、

病気になったのではないかと驚きました。

地植えなのですが、念のため水遣りしておいたら、

ピンと元通りになっていて安心しました。

そういえば、春の嵐からずっと強風が続いていましたし、雨も降りませんでした。

地植えだからと安心していましたが、案外土が乾いていたのでしょう。


今日は午後、母のリハビリがありました。

ときどき元気の良い母の声が聞こえてきました。

リハビリの先生にお聞きしたら、ボール投げをしていたのだとか・・・

直径20センチくらいの柔らかいゴムボールを投げっこしていたのだそうです。

私の前でも二人でキャッチボールを見せてくれましたが、何とも楽しそうで気持ちも弾んでいました。

春は良いですね。

桜を見たときの晴れやかな気持ちが今もまだ続いています。

そして、周囲には植物の生命力が漲っていて、私たちを応援してくれているようです。

雨もまた、後押ししてくれているのでしょうかね。


e0288951_21263763.jpg




トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/20328649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by blaise-photo at 2013-04-21 18:11
こんばんは
楽しくリハビリする・・・それって大切ですよね
義務感や強制されてでしたら
本当の意味で身体のためにならないかもしれません
精神とともに体も機能回復するような気がします
Commented by gutsuri at 2013-04-21 18:39
blaiseさん、こんばんは。
介護関連の方々に接していて感じるのは、みなさん、素晴らしい
方たちだということです。
母を、おばあさんではなくて一人の人間として、接してくださる。
有難いです。
私も家族として基本的な方針をはっきりとお伝えしていますが
それに沿って協力していただいています。
楽しいこと!これが一番です。生きている限り。
by gutsuri | 2013-04-20 21:30 | 介護 | Trackback | Comments(2)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri