福島にも春風が・・・

このところテレビでは、東日本大震災のことが見られるようになりました。

また、その日がやってきます。

胸を突かれる感じがします。

2年が経つのですね。

前に陸前高田の市長さんのお話を聞く機会があったのですが、

まだまだ復興がままならず

みなさまのご支援をお願いしますという言葉が耳に残っています。

2011年、3月11日。

この日はみなさん、それぞれに地震を体験なさったことでしょう。

東北ほどではないにしても、関東でもかなり恐い思いをした方は多くいらっしゃることでしょう。

私はこの時、南房総の温泉に入っていました。

広い湯船の水面が津波のようにうねって目まいがして、

なんて不思議なお湯の出し方をする温泉だろうと思いました。

そして、外に出て小さいジャグジーに入ったのですが、

その丸い小さなジャグジーも水面がうねって目まいがします。

それでサウナに入りました。

そこでもなにか変な感じがしましたが・・・地震などとはつゆ知らず・・・まったく気が付きませんでした。

しばらくして、従業員の方が来て、

「大きな地震があったようなので出てください」と言われるまで、何もわからなかったのです。

フェリー乗り場の近くのコンビニで、近くの小学校が避難先だと知って、

その体育館で一夜を明かしました。

南房総にゴルフや観光できた方たち、そして地元で海のそばに住んでいる方たち、

総勢100人くらいの方たちと一緒に体育館で過ごしました。

テレビで体育館に避難していらっしゃる方たちを見ることがありますが、

それがどのようなことなのか、わかります。

一夜の体験ですが・・

母は一週間のショートステイで家にいませんでした。

施設は停電もなく快適だったとか・・

良かったです。

日本は底力のある国だと思います。

経済発展はひと時の繁栄ではなくて

骨身を惜しまず働いてきた日本人だからこそです。

春の光と共に東北に明るい光がさして、復興が順調に進むことを切に切に願っています。



トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/19918875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Eriko at 2013-03-10 00:07 x
3.11。
またこの日が来るのですね。
私はこの時上海のGAPにいました。
シーパンを試着していたら、携帯のショートメッセージが鳴りました。何気なく見てみると娘からのメッセージでした。”東北で大きな地震!おばあちゃんたち大丈夫?”というものでした。私の実家は長野ですが。
私は慌てて試着のジーンズを穿いたままそ手に飛び出しすぐ実家に電話しました。でも何度かけてもかからなかった。
なんとか数回後にかかり、揺れたけどみんな無事だということでした。家に帰ってからNHKのニュースで目を疑うような津波の映像。もう涙が止まりませんでした。私の住んでいるアパートメントでも同胞が酷い目にあっている何かしなくてはと日本人スタッフがコンサートの企画をして私は歌で、バイオリンとピアニストもみんな日本人。3人で練習時間はたったの2週間足らず。でも400人を集める大きなチャリティーコンサートになりました。そしてこの歌も歌いました。
会場はみんな泣いていました。私の大好きなこの歌。また涙して聞きました。
皆さんそれぞれに3.11を克明に記憶しているのですね。福島では2年で保険金が途絶えるということ。なんとかして欲しいと思います。
Commented by gutsuri at 2013-03-10 11:22
Erikoさん、おはようございます。
そうですか。素晴らしいですね。
チャリティーコンサートをなさるなんて凄いことです。
音楽って心に直接す~と入ってきますよね。
考える間もなく心の琴線に触れて来ます。
そしてみんなが一つにまとまることが出来ます。
音楽って、音って波動だと思いますが、多くの人が同じ波動に
なっていくのですよね。音楽の力です。
それを実行なさったErikoさんは素晴らしいです。
多くの人が癒され、勇気をもらい、また立ち上がることでしょうね。
日本の国は文化国です。文化とは何なのか国も個人も示すときだと思います。
Commented by blaise-photo at 2013-03-10 21:09
こんばんは
2年前にそのような体験をされていたんですね・・・
経験した者にしか解らない感情があると思います
私は阪神淡路大震災を経験していますが
自分の周りで工事のドリルが一斉に動き出した感じでした

人の誕生以来、天変地異と人間の間で繰り返されてきたことですから
必ず復興は出来ると思いますが
今を考えると辛い気持になりますね
Commented by gutsuri at 2013-03-10 23:19
blaiseさん、こんばんは。
本当にそうですね。
天変地異と復興を繰り返してきましたね。
日本だけでなく世界でもそうでした。
再び立ち上がってここまで来たことは歴史をちょっと思い出せば
すぐにわかります。
春風が東北にも吹きますね。
by gutsuri | 2013-03-09 23:22 | その他 | Trackback | Comments(4)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri