百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

私は頑張りますよ~

今日の夕方、ヘルパーさんが来られ、お世話をしていただいた後、

母が唐突に「さあ、私は頑張りますよ~。一緒にがんばりましょう。」とヘルパーさんに話しかけています。

ヘルパーさんも「は~い、私も頑張りますよ~。」と応じていらっしゃいます。

突然に何を・・と思いましたが、そう言いたい気分だったのでしょう。

身体が目覚めたのかもしれません。

 春だから?  

嬉しいですね。

微笑ましい光景でした。

春って陽気や日差しやその雰囲気が、身体や気分に、影響するのでしょうか。

きっとそうですね。

土や枝からのぞいた芽を見ているだけで、幸せになってきます。


e0288951_2045954.jpg




Commented by wildrose53 at 2013-03-08 16:16
軽やかなメロディを聴きながらコメントを書いています。
クロッカス。可愛いですね。
当地でも、これほどの雪が積もっているのに、ちゃんとその下の土の中で、芽を出す準備をしていて。毎年のことですが、ちいさな花に出逢うたびに、新たな感動でいっぱいになります。
お母様、すばらしいですね。思わずニッコリ^^
巧まずしてひとに笑顔をプレゼントなさるお母様、素敵ですね。
Commented by gutsuri at 2013-03-09 23:43
wildroseさん、こんばんは。
雪が多ければこそ、春の歓びはまたひとしお、私達の喜びとは
その度合いが違うことでしょうね。
wildroseさんのお義母さまも愉快な方ですよね~。
歳を取るって案外面白いことなのかもって最近考えるようになりました。10年前の私より今の私の方が好きなんです、顔の皺は
増えましたけど・・・
by gutsuri | 2013-03-07 20:17 | 介護 | Comments(2)